挨拶 お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「再見」のご挨拶

壷中 挨拶分 「お気楽に」と始めた当ブログも一年あまり。 ちゃんと読んだこともない夏目漱石の一文が、何故か鮮明に思い出せる。「情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」。

日本中、A級だかB級だか知らないけれど、グルメのオンパレード。犬が歩かなくとも「秘伝」、「究極」、「絶品」に大当たり。これじゃ世の中、「まずいモン」なんか有り様が無いって事になるんじゃあ~りません?写真付き「ミシュランガイド」の狂騒!?とくれば、もう「お食べ」だけの話はつろうごいます。還暦から一年が経った、この夏、「気分の風を変えましょうや」と相成りました。

「衣食足りて」の言葉があるものの、果たして"足りている"のでせうか。私には、格好の輪郭だけにしか見えません。ちゃんと姿勢のある人、暮らし=「スタイルがある」ということって何なのさ。世間知らずを承知で衣食住に関するブログを始めることに致しました。今までお訪ねいただきました皆様に、この場を借りてお礼を申し上げます。 新しいブログ「壺中夜噺」でも、ご挨拶をアップしております。こちらにもお訪ねいただきたくお願い申し上げます。

思えば、昨年の今頃、当ブログで、「黄油蟹」を紹介させていただきました。 そう、一年に一度、この短い時期にしかお目にかかれない珍なる味。どうして見過ごすことができましょう。今夏も由をとりつくろい香港に出かけます。日本に戻りましたら、「壷中夜噺」の本題に入りたいと思います。こちら「お気楽......」同様、ご興味を持っていただけたらありがたいです。 尚、ご感想やご質問などは、こちらのブログの左下「Mail access」をご利用ください。   

多謝再見  AjinciことCOTYUU



スポンサーサイト
挨拶 | トラックバック(-) | コメント(-)
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。