お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

お箸を使わない、蕎麦

お気楽_ガレット_クレープ_285X380
パリ・モンパルナスには、10軒を超えるクレープリーが軒を連ねている通りがある。「モンパルナス」駅が、ブルターニュからの上り列車の終着駅のため、この界隈にブルトン(ブルターニュ人)が住み付き、郷土料理であるクレープ専門店が増えたらしい。

ただ、ブルターニュの名産「牡蛎」は、彼らの店では扱わず、牡蛎剥き職人・エカイエは、海のない、山間部のサヴォア地方の出身者ばかり。「出稼ぎ」「勤勉」という共通項を持っているとはいえ、なぜ?ブルーターニュ人は、よほどのおひとよしか?商売っ気がないのか?

モンパルナス大通りには、「ラ・ロトンド」、「ル・ドーム」、「セレクト」などのカフェが並び、狂乱の時代、エコール・ド・パリ(パリ派)の外国人芸術家たちが巣くっていた。それまで暮らしていた、モンマルトルの物価や家賃が高くなり、左岸のモンパルナスに移ってきたためだ。

 

映画「モンパルナスの灯」で描かれたモジリアーニをはじめ、シャガール、ルソー、マティス、そしてピカソ、藤田嗣治など。教科書に出てくる連中のたまり場であり、シャワーのないアトリエ暮らしにとって、カフェのトイレは、体の内外をキレイにしてくれる場でもあったそうな。 そんな血気盛んな連中が、小腹を満たすために、クレープを食べたのか、ガレットを食べたのか知る術はないが、カフェもクレープリーも当時と変わらず、今も賑わっている。

MORE
スポンサーサイト
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。