お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

養生の粥

お気楽_おかゆ
帽子を被ったQuaker教徒叔父さんが微笑んでいる箱。あのイラストは強烈だ。オートミールは、ここん家以外のも出回っているけど、どれも具合が悪くなった時を思い出す。正直いうと、あまり好きじゃない (雪印乳業さん、ゴメンなさい!?)。

同族の粥も、小さい頃の記憶にある、病人食のイメージが付きまとうせいか、普段の食卓には縁遠かった。ただ、それは単に美味しい粥を知らなかっただけで、今では、旅先、特に東南アジアで粥屋を見かけると、食欲をそそられる。

粥に目覚めたのは、香港。好みの具を選び、熱々をすくいながら、底に潜んでいる生姜をしゃくりあげて、混ぜ、混ぜ。「う~む、これが粥か。か~ゆ~ことか」を知る。ここでは、粥のことを「ジョク」と言う。

 

明日から”引き籠もり”をする、北タイのチェンマイにも、「粥」が売りの店が数軒ある。彼の国では、粗い粥を「カオトム」(カオは米、トムは煮る)、糊状につめたものを「ジョーク」と 分けている。私見だが、このジョークは、中華のジョク(粥)から来ていると思う。 ウマイ粥屋のほとんどが中華系の人が営み、点心も扱っている。 地政学的にも、中華の影響が強く感じられる。粥の奥を覗きたくなったら、金子光晴著「マレー蘭印紀行」なんぞ片手の旅もよし。冬の誰ぞ彼、時。黄昏て粥を炊くのも、一興にございます。

 

 

MORE
スポンサーサイト
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。