お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

パン食い狂騒?

お気楽_VIRONお気楽_尊鉢 「摩訶不思議日本、日本人」。「世界各国の料理が毎日当たり前のように並ぶ食卓」をはじめ、TVCMでお馴染みの、「熟成、完熟、芳醇」の冠をつけた「食パン」も、そのひとつ。

 

気にされずに使われているものの、「食べるパンだから、食パン?」。イギリスパンやフランスパンも、それぞれ国名の後に「の」が入ればわかるけど、なんだかな~。ま、別にどうでもいいといえば、それまでだけど。

 

 

 「パン、これがパンぜよ(ナゼか、龍馬式土佐弁)」を、初めて知ったのは、40年近く前。場所は、ベルギーのブリュッセル・ミディ駅前。近郊の農家が、自慢の品物を並べる青空市の一軒、「田舎パン=パンドカンパーニュ」を売りにするパン屋でのこと。「食べてみな」。その一片は、言うなれば�ガラパゴス化島国�パンしか知らない日本人にとって、文明開化そのもの。香り、歯ごたえ、酸味の立ち上がりから、ほのかな甘みに包まれていた。しかも焼いてから、2~3日から一週間程が 食べ頃という。ブリューゲルの絵や映画で見る、卓上に置かれた塊パンの情景が甦る。「な~るほど、こ~ゆ~パンは、日持ちするんだ」。以来、「真白き、柔らかき」をモットーにする「食べるパン」には、食指が動かない。

MORE
スポンサーサイト
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。