STAUB(ストウブ)に任せてみては! お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

STAUB(ストウブ)に任せてみては!

お気軽_ストーブトップ285「ボアラ!」。ドン、と置かれた大きな黒色の楕円形の鍋。「なんじゃコレ?」。蓋を取ると、うまそうな湯気の中に、大振りの肉が、隙間なく収まっている。

 

「ラパン(うさぎ)だよ」と、この店に連れて行ってくれた(売れない)画家のクロウドが教えてくれた。彼は、この街で生まれ育った地元っ子。20年程前のことなのに、家で煮込み料理をするたび、湯気と香りの向こうに見えた、店のマダム、おやじさんの顔が浮かぶ。あの場所、あの時間。映画「アメリ」の主人公が駆け回る、モンマルトルでのひと時が甦る。


一方、場所は同じくパリ。二年前に、足を運んだ「ブルゴーニュ料理屋」でのこと。アラン・デュカスがオペレーションする「Aux Lyonnais(オー・リヨネ)」は、その名の通り、リヨンを中心にした料理が並ぶ。ここは、「ブッフ・ブルギニヨン=牛肉の赤葡萄酒煮込み」が自慢。「ボナペティ!」。こちらでは、真っ黒の丸形の鍋が使われている。大振りの肉が盛られた黒鍋は、最後のソースをいただくまで、暖かい。

この二軒の共通点は、ストウブ。料理の器として使われている。この他、名だたるシェフや姿勢が伝わる店など、あちらこちらの料理屋の食卓で見かける。調理に応える機能の道具であり、食卓にあって「食」をそそる器でもある。「用の美と、様の美」。無茶使いに応える、"男振り"の姿、形。手間暇無用。これを選ばないワケはない。



えぇ~仕事しまっせ。


お気楽_鯛焼く200 「炊き込み御飯」や「ラタトゥイユ」、「アクアパッツァ」、「鳥の丸焼き」と、「なんでもござれ!」の堅牢さが「ストウヴ」の売り。 調理の基本は「放っておく」。

 

「野菜の煮込み」をするなら、水は一切、加えない。”とろ火でグツグツ”させておけばいい。調味は、固形ブイヨンと塩、胡椒で充分。隠し味に「アンチョビ」を入れるのがポイント。贅沢をするなら、シチリア・パッキーノ産の「天日干しトマト」がおすすめ。これだけで、ひと味もふた味も旨みが増す。 ”お天道様の恵み”は、香りも高々。ありがとう~!


「鯛飯」にも重宝している。一応!?お頭付きの「チヌ鯛」を購入。小振り&経済的で、私どもにピッタリだ。魚をあらかじめ塩焼きしておき、お米と、だし汁と一緒に、鍋にいれるだけ。炊き上がったら、香り付けのため、焼いておいたネギを、蒸らしが終わる頃を見計らって加える。 


お気軽_砂肝燻製200お気楽_スモーク用網200 燻製作りでも大活躍。我が家の定番は、「砂肝のスモーク」。中はジューシーで、コリコリっとした歯ざわりがいい。「ゆず胡椒」のピリッとした辛味と相性抜群。すっかり、はまっている。だが、"燻製をする"には、一工夫が必要だった。そう。鍋底にスモークチップを敷き、材料を浮かせるには"網"がいる。当然、市販品ではまかなえない。

 

そこで考えた。「そうだ、京都へ行こう~」。昔から、誂えを常としてきた職人の仕事が、綿々としている。目指すは、以前、「豆腐すくい網」を求めた店。

 

 「ほう~っぉ。で、何にお使いで?」「薫製っ!スモークチップは、何を?やっぱり”櫻”で?」と、ご主人。急いで描いてきた拙い図面を見せると、「今は忙しいいさかい、すぐにはあきまへんで~」とのこと。ホッ!どうやら、やってくれそう。時間がかかっても仕方ない。なにせ、"特別注文品"なのだから。

とはいえ、二日後、店をのぞいてみると、「どぅや!一生もんやで~」との応え。仕上がっているでは、あ~りませんか~。サイズはピッタリ!しかも、美しい。ま~いりました~。「家(うち)は、あちこちの料理屋さんから、『あれでけへんか?こ~して、あ~して』と、仰山の注文を受けてますねん。そやから、大概のもんは、やらしてもろうてます」。職人気質、 これに極まり。お代は、「手間賃はいずこに?」の良心価格。気をよくして、また、もう一網、頼もうかしらん。

マミポコ様
お訪ねありがとうございます。

食は大事。食べ続けることが出来る、が生の証。食べられなくなると
生の終わり。考える葦は、食べることを楽しめる、唯一の生命体、かも。しれません。
大切に向き合いたいと思っております。

多謝 Ajinci

[ 2009/05/23 19:40 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
食べるのが好きな私には
興味深い記事ばかりでとても楽しく拝読できました♪

オーダーの網!!いいですねぇ・・・ふふふ。
[ 2009/05/23 13:45 ] [ 編集 ]
chocove 様
お訪ねありがとうございます。

燻製のことでは、5月19日の「かなっぺ」さんのコメントでもお応えしましたが、
燻製をさせる訳ですから、それ相応の残象?はあります。
センシティヴな方は、専用が、よろしいかと思います。
仕上がりから云っても。当然専用が勝るでしょう。

アレコレ、(ストウブ)にやってもらっている、と言うことをお伝えしたかったのです。
が、言葉足らず、ですみませんでした。

懲りずに、これからもよろしくお願いします。

多謝 Ajinci

[ 2009/05/23 12:36 ] [ 編集 ]
staub_love 様
ありがとうございます。

なんとも直球、ずばりのサイトとお名前。Staub氏もお喜びかと存じます。
気取らず、何も足さず、重宝(無理強い)しております。

網にご関心をいただき、恐縮でございます。これは、京都の職人の、腕と誇りの賜物に他ありません。Savile Row/サヴィル・ロウに見立てていただきまして、恥じ入るばかりです。
そこつにも、Ajinci、かの路地で、背広(サヴィル・ロウ語源説有り)を仕立てていただきましたが、京の職人と同じ、語らず、足す事無き、仕上がり。使い勝手良し。
日本(人)は多くの、誂えの仕事を失いました。悲しい。
お応えにならず、陳謝。

これからもよろしくお願いします。
多謝 Ajinci
[ 2009/05/23 12:19 ] [ 編集 ]
kyomi 様
重ねてのコメント、いたみいりてございます。日本語として?。

物つくりの方々に、私見ではございますが、ある種の曲、を思います。
使い手のかって、使い勝手に叶う、「用の美と様の美」を備えた、物。
よろしいですね。
古今東西、和音する、です。

多謝 Ajinci
[ 2009/05/23 12:00 ] [ 編集 ]
初めまして。遊びに来てくれてありがとうございました。

staub、私も黒を持っていて、好きでよく使っています。
煮込みやグリル、炊き込みまで本当に良い仕事をしてくれますし、
何よりもカッコイイですよね。

ただ、スモークまではまだ踏み切れていません。
煙のニオイなんかは気にならないのですか??
いつもスモークは自家製スモーカーで代用してしまっています。
砂肝もおいしそうですね!
[ 2009/05/23 11:50 ] [ 編集 ]
こんにちわ。
ストウブで日々の料理のブログをしています、staub_loveともうします。
先日は、コメント、ありがとうございました(^-^)。
その際こちらのアドレスを教えて頂いて、遊びにきました♪

ストウブ、とってもいいお鍋ですよね。
私も大きさと形の違う2種類のストウブくんを使っています。
砂肝の薫製、美味しそうですね~。
特注の網も素敵です。ストウブくん用のザビルローのスーツを思わせるピッタリっぷり、凄く使い勝手がよさそうですね(^-^)。

また遊びに伺います~。
これからも宜しくお願いします。
[ 2009/05/23 09:42 ] [ 編集 ]
伊賀焼土鍋でございまする
土楽さんの黒鍋です
福森雅武さんの器はホントにいいです
おっしゃる通りレンジはどうも、、、× 。
蒸し器からこぼれる白い湯気が食欲を増します
勿論、味も美味しいに決まってる。
曲げワッパの形も存在自体「ウフ」っと楽しくなります
料理は手間ひまかけるから美味しいですよね。
[ 2009/05/23 00:41 ] [ 編集 ]
nike様
お訪ねありがとうございます。
sutaub、重さを云う方、確かに多いですね。
フライパン、中華パンのような扱いではないので、そんなに労はないかと思いますが、
道具は、それぞれの、使う方のかって、に依りますので、なんとも。

グリルパンは、この手(鋳鉄)は、皆ある程度重いです。熱の効率上、そうではないかと。
私は、グリルパンでないけれど、御存知かもしれませんが「釜定」の宮 伸穂さんのパンが好きです。これ以上、引くところがない洗練。私は、大概を中華パンでまかなうので使いませんが。鉄瓶、鍋敷き等を愛用しています。
すみません、お役にたてませんで。
是非また、お訪ねください。
多謝 Ajinci

[ 2009/05/22 19:10 ] [ 編集 ]
こんにちは!Balleta_la_reieさんのブログから来ました。

ストウブの鍋は、ずっと欲しいと思いながら、
重さが気になって、手を出せずにいたのです。
今はストウブのグリルパンが欲しいんだけど、
これもきっと、重いんだろうな~。

特注の網素敵ですね!姿も美し~。
お気に入りの道具があると、料理する気分も上がりますよね。

以前の記事もゆっくり拝見させて下さい。
また遊びにきます。

[ 2009/05/22 18:35 ] [ 編集 ]
kyomi 様

ありがとうございます。
おうどん、召しに遠方までのエナジー、感心することしきり。
当方、暦返しの齢にて、周辺散歩がやっとこさ。

御指摘のストウブ、暖(家族の団も)を取るものと、感じがいの輩もありますが、あながち間違いでは、ないのか、なと。暖まるに、違いなし。
土鍋も、よろしい、「おぬし、伊賀もの?」。

誰(たれ)問わず、重宝。チンッ、も便利重宝の道具なれど、愛着は無し。
良い道具は、どうにも、、。

多謝 Ajinci

[ 2009/05/22 07:49 ] [ 編集 ]
大胆でかっこいい~
これぞ男の料理
ストーヴはかかせないようですね
ワタシもこの鍋欲しいけど、、、、
以前ル・クルーゼの白をずっと使っていましたが
洗ったり後片付けの時に鍋が重たくて、、、>< 
確かにシチューなどの料理は野菜がいい具合に
柔らかくなりますし何より美味しいとおもいます
しかし
やっぱり
これは力持ちの男の人にいいのかもよ
と思う今日この頃。
あたくし最近は土鍋にハマってます。
いやいや、これも重いか、、、。
[ 2009/05/21 23:21 ] [ 編集 ]
かなっぺ様
重ねてのお訪ねありがとうございます。

記事掲載では、酷使に耐え、堅牢、けなげをうたいました。
薫製用のチップを,
直置きしていますので、後でナイーブ?な調理をすることが多い方は、いくつかのサイズ&オーヴァルとラウンドを用意して、使い分けがよろしいかと思います。
ダッチオーヴン、ほどのパイオニア精神はどうでしょう。
台所、食卓において良し、結構なレストランでのサービスにも映ります。故。
蓋のつまみ部も金属なので、そのまんまオーヴン直行も可能です。
検討する価値は十分にある、と思います。
お役にたてましたか、どうか。
多謝 Ajinci

[ 2009/05/19 21:50 ] [ 編集 ]
ajinci様、こんばんは。
滑り出しからまるで小説を読むように惹きつけられました。

モダンなSTAUBのお鍋。 選ぶのなら、やはり黒ですね!
此方は空炊き、OKですか?
ならば燻製にはドンピシャリ! 良いですね。
それにお誂えの燻製網! 

ダッチオーブンに欲しくなりました。
[ 2009/05/19 20:48 ] [ 編集 ]
exmouthcoco様
いくつものコメントをいただきましたが、お詫びをしなければなりません。先ほどまで、exmouthcocoさんのブログタイトルを間違ってリンクを貼っておりました。訂正させていただきましたが、失礼極まりなく、お詫びいたします。申し訳ございませんでした。
多々、陳謝。 Ajinci
[ 2009/05/19 12:47 ] [ 編集 ]
バナOKA 様
お訪ねありがとうございます。
フランス在住のexmouthcocoさんにもお応えしましが。
京都では、オーダー、誂えは、特別ではないように思います。
なんだか、お取り上げいただいて、恥じ入るばかりです。

ご自身での加工、美味しいものの為ならば、ということが、伝わってきます。

「薫製は脂がきつい、ステンレスが後の始末がしやすいし、持ちも良い」と云って
編んでくれました。重宝しています。

ストウブ滅茶苦茶使い、よく耐えてくれています。
「ぽち」と呼びかけてみたいくらい。けなげ、です。

二作目に挑戦とのこと、楽しみですね。

これからもよろしくお願いします。
多謝 Ajinci
[ 2009/05/19 12:05 ] [ 編集 ]
exmouthcoco 様
またもコメントいただきまして、光栄でございます。

川越とくればお芋。網あれば、蒸かしもの、煙もの、なんでもござれ。
時間がかかる材料の場合、網の足高をもう少し上げないと、水が足りません。
足の高さを考えて、近々出かける京都で、再誂え?をお願いするつもりです。

特注。そう聞く、記すと、そうですね、特別ですもんね。
記事記載で少し触れましたが、昔は、誂えが普通だったように思います。
家を普請する。今は買うですからね。着物はもちろん、洋服を仕立てる、靴もそうでした。
なんにでも、それぞれの職能の人がいて(腕はべつ)うまく廻っていたのかな、と。

で、京都。千年以上続く歴史、お上と公家衆の暮らしをを影で支えてきた職能集団。
その血筋が脈々と活きているんですね。地下水系のように、途切れる事なく。
あちこちの路地に、迷い込んでみると、たいていは、職人の仕事、その面影にでっくわします。こんな町、今では京都くらいではないでしょうか。
注文する、注文に応える、に慣れている人がいる、ってことでしょう。
少々理屈っぽくなりました。ごめんなさい。

ルクルーゼは女振り、ストウブは男振り。て云うのでどうでしょうか。

薫製、好好。

多謝 Ajinci



[ 2009/05/19 11:47 ] [ 編集 ]
エミリア様

コメントありがとうございます。
LE CREUSETとSTAUB氏のことは、おフランス在住COCOさんからもコメントいただきまたので、よろしかっったら参照ください。
MODENAですか。お酢と、Ferrariが浮かぶ、なんとも平凡。
お酢のミュージアムのあるモデナ近郊の町、そこのアンティーク市で買い求めたグラスは
棚の上段に君臨してます。

拙宅もアパートですが、欧州のアパルトマンですと、魚焼き、困りまねー、お察しします。
中華鍋(万能鍋)に網をおいて簡単薫製できますが、煙がねー。ストウブは重い蓋ののためか
そんなに、煙りません。後の手入れは、ちょいと大変ですが。

これからもよろしくお願いします。
多謝 Ajinci
[ 2009/05/19 11:17 ] [ 編集 ]
Balleta_la_reieさんの訪問を元に、こちらに伺いました。
STAUB用の燻製網、オーダーで作られたのですね。
webを見て回ると、皆様色々と工夫をされているようですが、本職にオーダーされた方は初めて見ました。
頑丈な作りが流石、素晴らしいですね。
我が家の網は何とか元気にやっている状態です。
リタイヤしたら、第二作をもう少し頑丈に作ろうかと...

それにしても、色々と使えますね、STAUB。
一生物と思って大事に使い倒しております。(主に相方が(笑))
[ 2009/05/19 10:59 ] [ 編集 ]
N.kojima様

重ねてのコメントありがようございます。
豆系御飯、よろしいです。
遠くはシナイ、アフリカ。近くは中、朝、と豆系は得意とお鍋は申しております。
なんでもかんでも、放り込んでみては、むふっ、こりゃ、ですが、二度と同じもん、できません。  多謝 Ajinci

[ 2009/05/19 10:53 ] [ 編集 ]
マキ様
流石、と云われると「片腹」じゃなくって、いたみいります。 N,kojima様からも、さすが、とのコメント。有無無ぅ、複雑ぅ。
良い道具です。きっと創業者Staub氏も喜んでいることでしょう。 面倒無用とばかりに放りこんではの適当調味。これまた放りっぱなし。
くんくんと、香りをたよりに、蓋をあける「でけて、るーっ」
こりゃたまらん、が、ストウブの御馳走。
網につきましては、同系コメントをいただきました、諸氏(失礼)の項で触れてまいりますので、ご勘弁の程を。非礼陳謝。

追記 
今回、「京都で再会」はこちらも残念、機会をあらためましょう。
メディア賑わす、豚ちゃんインフル。神戸、南京町の豚饅頭の気持ち、いかばかりか。 
御自愛のほどを。
多謝 Ajinci
[ 2009/05/19 10:37 ] [ 編集 ]
こんばんは!
(網を見て)こういう付属品もあるのか~と思いました。
おイモ蒸かすのに良さそうとか、頭の中で考えてんたんですね、この写真をパッと見て。
特注だとは恐れ入りました。

日本でも人気のル・クルーゼの鍋は持っていますが、このエナメル質が私はあまり好きではないんです。
フライパンも鉄のものにこだわる私は、最初に思いっきり熱々にするのが好きなんです。
その点、ルクはできないんですよね…。

staubのお鍋は持っていないのですが、使い勝手が良さそうなのが想像できます。
そこらへんの市場で売っているなんちゃってルク鋳物鍋のほうが使い勝手がいいんです。
内側がザラザラしていて、staubに近いかな。

手作りスモーク、おいしいですよね。
私もはまりにはまっています。
[ 2009/05/19 05:18 ] [ 編集 ]
パートナーのBalletaさまよりコメントとこちらのサイトのご紹介を頂きました。

ぱっと見て「あら、普通のルク鍋じゃないですか」と思ったのは浅はかでした。何よりもおいしい燻製ができるのが魅力ですね。こんなマンションで魚を焼いたり燻製を作ったりしていると、近所迷惑の煙がでたりしますが、やってみたいですね。
[ 2009/05/19 01:25 ] [ 編集 ]
レンズ豆とベーコンを炊いたら
うまそうですねー^^
[ 2009/05/19 00:03 ] [ 編集 ]
わわわっ流石!Ajinciさん♪STAUBでのお料理も、網を京都でオーダーされるというアイデアも!
STAUB、いつか自分で暮らして、お料理をするようになれば、絶対手にしよう!と思っているものの一つです;-)いつになるやら~
今回は、お会いできなくて残念です><。
[ 2009/05/18 22:14 ] [ 編集 ]
y.u様
お越しいただきありがとうございます。
コメントいただきました後,掲載記事のMORE以下のデータが消えてしまい。先ほど,ようやく戻しました。といっても改めての記事投稿、大分内容がちがっております。陳謝。

圧力鍋、良いですね。これからが楽しみですね。
気まぐれは、長い事セブを愛用、3年前にティファールに取り替えましたが、なんのことはない、グループセブの一員でした。
y.uさんも土鍋で御飯ですね。形が似ていますが、当方は信楽の雲井窯の御飯窯です。STAUBの黒とお似合いって由。

これからもよろしくお願いします。多謝  Ajinci

[ 2009/05/18 20:01 ] [ 編集 ]
melodyaujapon 様

先ほどは大変失礼をいたしました。お詫びいたします。
記載データ飛ぶ、の因わからず。仕立てなおしましたが、秘湯困憊と人の記憶のいい加減を知るです。海馬は鍛えられるのか。はあっあ。

STAUB氏の鍋、おすすめです。
相当の荒っぱさにも応えます。記事と飛びにもめげず、今晩は蛸飯を炊きました。
是非、いつか、お試しください。

非礼、重ねて陳謝。 多謝 Ajinci
[ 2009/05/18 18:48 ] [ 編集 ]
melodyaujapon 様
Pingとこない。正解ですね。
今後はピンポイントを避け、広角的なピン、もしくはそうした三者の
装置に関わらない、独歩がよろしいかもしれません。
そういう,一人,または厳しい姿勢の方の御飯に、ストウブ効きます。

が、「はっ」、突然、ストウブ記事のMore以下が消えてしまいました。バックもとていないので、すみません、途中ですが、失礼をして、対処にかかります。改めてお応えしたく思います。 陳謝 Ajinci



> Ajinci様、コメント有難うございます。弁当男子、キッチン男子(勝手にこんな呼び方してますが・・・)は大歓迎なんですよ~。美味しいものを食べることが大好きなので、やはりその感覚を共有したいというのはAjinci様が言われる通りなのです。でも、残念ながら今回は、ちょっとピンときませんでした・・・。ストウブいいですね~。実はストウブも欲しいものリストに載っていたりするんですよ・・・。砂肝のスモークなんて初めて見ました。美味しそう♪♪♪
[ 2009/05/18 14:08 ] [ 編集 ]
はじめまして、こんにちは。
先日は 素敵なサイトのご紹介のコメントを残していただき ありがとうございました。
普段簡単な料理しか作れない私の所に
やっと圧力鍋が届いたばかりなんです。
鯛飯 家族が好きで よく作ります。
私は土鍋でですが・・・・
鯛・・・私も焼いてから入れています。
香ばしく一段と美味しいですよね。
ネギも一緒に入れてみますね。

砂肝のスモーク。
美味しそうですね~ 
[ 2009/05/18 11:38 ] [ 編集 ]
Ajinci様、コメント有難うございます。弁当男子、キッチン男子(勝手にこんな呼び方してますが・・・)は大歓迎なんですよ~。美味しいものを食べることが大好きなので、やはりその感覚を共有したいというのはAjinci様が言われる通りなのです。でも、残念ながら今回は、ちょっとピンときませんでした・・・。ストウブいいですね~。実はストウブも欲しいものリストに載っていたりするんですよ・・・。砂肝のスモークなんて初めて見ました。美味しそう♪♪♪
[ 2009/05/18 10:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。