「月下独酌」。酒を酌む お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「月下独酌」。酒を酌む

お気楽_たかはし_竹鶴お気楽_たかはし_店内入り口 花間一壷酒  独酌無相親   
挙杯邀明月  対影成三人   
月既不解飲  影徒随我身 

作は、酒飲みの言い訳名人、ご存じ「李白」。「月下独酌(げっかどくしゃく)」中、冒頭の六句。

 

「ウ~ム。花があってもな~っ。酒飲む相手がいないし、一人じゃぁね。だからといって、世間に媚びるような奴っぁ~とは、御免だ。いっそ一人が良いってもんだが……。"お月さん、今晩は"。どうです?一献。私の影もいれりゃ三人だ。 「♪一人じゃっ、ないって~っ♪」てや~いっ。どうもいけない。お月さんも駄目か。なに?お影さんも、おんなじかい。そりゃ影だからね。いったい、どうしようかね」だとか。訳は酒に乗じての、揚句の挙句。ご勘弁を。

お隣、韓国同様、文化文明の多くを中国から受け継いだ、日本。漢字は、アルファベットと違い、一字一字に意味がある。そんな感じで語句を辿っていくと、李白の胸中が透けて見えてくる。

"酔訳"の元は、「鷹勇(たかいさみ) 山卸廃止酛仕込(やまおろしはいしもとしこみ)」。仕込みが平成17年、製造が平成21年。四年余り、熟成されている。この日本酒を醸造したのは、鳥取県の「大谷酒造」。ナショナルブランドやフルーティー、大吟醸を振りかざす蔵とは一線を画し、こうした蔵元と同じく、独自の姿勢で"上質を醸す酒"を扱う酒屋、酒亭もまた、少ない。その内の一軒が京都にある。かの地には、旨い日本酒を酌める店が、料理屋を含めて「ほとんどない」という、長年の思い込みを、拭い去ってくれた酒房が……。


ボーダーシャツに「竹鶴」。

狭く、わかりにくい入り口が、目印 !? だが、引き戸を開けてからのアプローチは、シンプルで居心地のよさを予感させるに十分。灯り、木質で整えられた室礼は、和様でありながら、北欧のモダンを漂わせる。「店」というより、「うち」といいたくなる。

ここの主人は、「竹鶴」に惚れている。酒棚を見れば、すぐわかる。その恩恵にさずかるべく、席につくと、とりもなおさず、「竹鶴 雄町純米」を、冷やしてもらうのが、このところのお決まり。

しばし、"再会"を待つ間、「さぁ~て、今晩は、何をいただきやしょう…」と思いきや、ん!? 「辨天娘」が目の前に。 「常温?燗?」。温度は、ご主人任せ。「どう供そうか、どのくらい放っておこうか」と、数ヶ月、いや、時には一年以上、酒を手元に置き、深く眠る酒の声を聴いているのだから。 

お気楽_たかはし_かまぼこ210 お気楽_たかはし_品書き210 お気楽_たかはし_糠漬け210「肴は、何を….」。どれも”酒飲み”の肝を心得ているものばかり。"辨天様"には「とりじゃが」と、五島産の「あじのかまぼこ」、「ラディッシュぬか漬」を相方にする。手元に置かれた箸は、酒房のご近所、「市原平兵衛商店」のもの。使い勝手がよく、拙宅でもお世話になっている。「ジーンズにボーダーシャツ」が映る、ご主人との話も、また良い肴。

盃を重ねるうちに、冷凍庫の中で冷遇(?)されていた"雄町君"が、ご帰還!"燗酒"もいいけれど、かつての味わいとはまったく違い、キリリンッと引き締まった表情を見せてくれる。「冷やしても良し。燗しても良し」。これだけを呑みに、来てもいいくらい。......といいながら、「次は、どの"竹鶴の君"にしようかな~」の長居が常。 

ちなみに、この店では、当ブログ「デザイナーとしての醤油」で、紹介した「はつかり醤油」を使っている。京都の醤油ではなく、"さいたま"のを。なんだか嬉しい。好好。  

  

hajime 様
重ねてのお訪ねありがとうございます。

学生時代から、世話になった、銀座「ピルゼン」、上野「まるき」[シンスケ]は建物を一新し、しもた屋の雰囲気がなくなり、ちと残念。「鍵屋」も、爺さんから婆さん、娘かお嫁さんくらいまでが良い感じでした,10年ちょっと前くらいまでか。かっての常連、芸大の先生陣、博物館の曲者達、皆、みかけなくなりました。

あちこちに「立ち飲みや」が目立ちますが、どれも、業態変更、いけそう、だからの付け焼き刃、良い店少ない。酒はさておいて、京都の「赤垣屋」は好きです。
明治屋、承知いたしました。
多謝 Ajinci



> 早速の、お返事コメントありがとうございます。
>
> そうなのです。浅草「松風」は店を閉めてしまいました。
> 昨年の春でしたよね。理由は知りませんが、残念ではあります。
> あの雰囲気をもつ江戸下町の酒場は、なかなかありません。
> あの店で、樽・真澄を知りました。
> 最初に連れていってくれた友人は、ちょっと自慢気に
> 俺は4本まで呑めるんだ、と会員カードを大切にしていました。
>
> いま大阪では、阿倍野の「酒 明治屋」が地域再開発のあおりを受け
> 創業70年の店が、追いやられ、その姿が消えようとしています。
> 太田和彦さんが、「ここは居酒屋の聖地である」と語る店です。
>
> 「松風」の最後に、寄れなかったのが心残りになっています。
> 「明治屋」も、カウントダウン状況です。
> 何時どうなるかがわからないので、思えば向かうようにしています。
> Ajinciさまに、ぜひ訪ねていただきたい店ではあります。
[ 2009/08/18 13:51 ] [ 編集 ]
早速の、お返事コメントありがとうございます。

そうなのです。浅草「松風」は店を閉めてしまいました。
昨年の春でしたよね。理由は知りませんが、残念ではあります。
あの雰囲気をもつ江戸下町の酒場は、なかなかありません。
あの店で、樽・真澄を知りました。
最初に連れていってくれた友人は、ちょっと自慢気に
俺は4本まで呑めるんだ、と会員カードを大切にしていました。

いま大阪では、阿倍野の「酒 明治屋」が地域再開発のあおりを受け
創業70年の店が、追いやられ、その姿が消えようとしています。
太田和彦さんが、「ここは居酒屋の聖地である」と語る店です。

「松風」の最後に、寄れなかったのが心残りになっています。
「明治屋」も、カウントダウン状況です。
何時どうなるかがわからないので、思えば向かうようにしています。
Ajinciさまに、ぜひ訪ねていただきたい店ではあります。
[ 2009/08/18 00:46 ] [ 編集 ]
hajime 様
お訪ね、ありがとうございます。

美味しい&時間、なんていっていただけると、酒房主人もきっと、私めも、嬉しいです。
店の、アプローチ、室礼、ともに、酒に向き合っている感じが伝わったかと存じます。

時候も、燗酒に向いて参りました。
そわそわと昨日、「鷹勇 山廃純米」「竹鶴」の「雄町」と「純米にごり」を隣町の酒店「池田屋酒店」に取り置きをお願いしたところです。

また、京都にお出かけの際には、美味しい時間をお楽しみください。
多謝 Ajinci
[ 2009/08/16 23:34 ] [ 編集 ]
「竹鶴」つながりでコメントありがとうございました。

京都は不案内なのでしたが、
おかげさまで、美味しい日本酒といい時間が楽しめました。
いやー、好きだ!という想い、伝えたい!という気持ちが、
おいしさと幸せを届けてくれるんですね。

大阪にお寄りの際は、ぜひ「島田酒店」にと思います。
[ 2009/08/16 23:10 ] [ 編集 ]
コタハル 様
ご多忙の中のコメント、いたみいります。
良い酒、良い肴の関係。結びし利き目が同じ故、大概は良縁。

この良縁を誇示せず、目立たず、常連も、観光(客は滅多に来ないが)の輩にも、普通にふるまう、かはいふ「店」は残念ながら少ない。

四六時中、美味しい、旨いものを取り上げている、TV番組、本、や雑誌に紹介された、有名シェフが、などなどメディア情報の氾濫は、ブランド物崇拝に重なって、脅迫観念、新興宗教のごとくの滑稽に思えます。
個の、確かな目(利き)養うを忘れ、マスメディアに翻弄の図は痛ましい。

月を愛でる、天をを仰ぐ。静かに独酌。忘れていること多し。
多謝 Ajinci

[ 2009/06/27 06:20 ] [ 編集 ]
Ajinci様

コメントありがとうございました。
最近、忙しくてなかなかネットができませんでした。

お店、一層行きたくなりました。

ラディッシュ糠漬け、よさそうですねえ。
こんどやってみよっと。ラディッシュをつくるぞー!

しかし、こんなに旨い酒があるってーのに
旨い!よりも安い!という基準の方が多いようですね。

安い!でどんだけ幸せなのか?
旨い!でどんだけ幸せか。

亀、竹、龍、辨、日、秋-こんだけあればあとは
もう何も・・・・。
うーん、やっぱ追加で杜、鯉、鷹、山東、五娘それから、えーっと、えーっと。←バカ。

[ 2009/06/26 23:34 ] [ 編集 ]
関様
お訪ねありがとうございます。
いやっ、たはーっ、おそれいります。その節には、お掃除の仕方をお教えいただきまして、次回訪ねのおりに、御礼をと思っておりました。おっししょう様から、コメント、御いただきなんて、恥じ入ると同時に、御礼を申し上げます。ありがとうございました。
「山椒昆布」いただきたいです。もちろん全ての酒肴、好好です。
実は、件の伏見の工房に、用事が生じ、7月初旬に京都にまいります。
その頃「山椒昆布」あるかしらん。と希望をお伝えして、と。
前回、教えていただいた「Loja Verde」良いお店でした。
おっ師匠様、また、「コレ、コウツクル、ヨロシ」のご教示をいただけたらありがたいです。
酒房、ご主人様にも、くれぐれもよろしくお伝えください。名前控える、苦しいの図。
御礼にかへて  多謝 Ajinci

[ 2009/06/21 10:38 ] [ 編集 ]
京都訪問の際はどうもありがとうございました。
山椒炊かれたんですね。しかもいいお色!!味のほうも美味しかったことでしょう。
以前、私が丁稚をしていた店では酒と薄口醤油であっさりと炊き上げていました。各店、各家庭で違うから楽しいちりめん山椒。
わが店では、山椒昆布を今日炊きました。じっくりと数時間かけて艶がでるまで。玄米ご飯と、糠漬け、山椒昆布が最近の賄。かみ締めるほど滋味広がる精進食生活です。
最近では梅を味噌、醤油、塩に漬けて秋に向けての仕上がりが楽しみです。
手間隙かけた味噌や漬物を美味しい酒とともに喜んでいただければと思い、日々精進です。


 
[ 2009/06/21 02:42 ] [ 編集 ]
タカサレ様
お訪ね、いただきありがとうございました。
本項掲載の、酒房、主人から、「蕎麦きりさいとう」と「池田屋酒店」の
名前をいただきました。京都の酒房で、さきたまの蕎麦屋と酒店を知るとは
いやはやで、ございます。
これをご縁に、よろしくお願いをいたします。
多謝 Ajinci

[ 2009/06/17 14:39 ] [ 編集 ]
コメント頂きありがとうございました。

駆け足でですが、こちらの記事を読ませて頂きました。
酒のみならず、調味料も馴染みのものが多々登場。
嬉しさ、楽しさが倍増となりました。
後ほど、じっくりと記事を読ませて頂きます。

ちなみに私「蕎麦きり さいとう」の店主とは旧知の間柄です。
ちょくちょく顔を出しているので、いずれお会いするかもしれませんね(もしかすると知らぬ間にお会いしているのかも?)。

では、また立ち寄らせて頂きます。
[ 2009/06/16 22:26 ] [ 編集 ]
明@由紀の酒様
お訪ねありがとうございます。
コメントの返信に混乱がありまして、失礼をいたしました。
燗酒、寒酒にあらず、ですね。
夏の燗酒もよろしいかと存じます。

一献、
多謝 Ajinci


[ 2009/06/16 21:23 ] [ 編集 ]
yukarist_bkk 様
重ねてのお訪ね、ありがとうございます。
「学生時代を京都で過ごしましたが、以来京都嫌いです。」
諸っ句。そうでございましたか。存ぜぬとはもうせ、失礼いたしました。
気をおとりなして、是非ともお訪ねくださいませ。

お住まいのあるタイは、果物がより美味しくなる、雨期のころですね。
マンゴウが終わり、マンゴスティン、ライチー、等多くの果実がどんどん美味しくなりますね、雨の恵み。流通の発達とはいえ、熟れる果実の薫香、生産の地、ならではです。羨望。

「水菓子」と記して果物。確かに、京都、ややこしいです。
多謝 Ajinci


[ 2009/06/16 21:16 ] [ 編集 ]
鍵コメ、6月16日15:08 様
お訪ねありがとうございます。
久保本家ですか、「どぶ」好きです。
小欄の京都の酒房、主人からうかがった、「蕎麦きりさいとう」、なんと隣町。
自転車でせっせと出かけております。
久保本家にも、件の蕎麦屋主人、出向いているようです。
その恩恵に預かっているので、お誘い、是非にと思いますが、いかんせん、急でございます。
お気遣いにお応えできません、お詫びいたします。
Balletaからもご連絡をいたします。

辨天娘の店、よろしゅうございます。
記載通り、京都で「旨い酒」は覚えがありません。
割烹、料亭含め、なんで、ですかの酒ばかり。
最近、和久傳料理長だった緒方さんが始められた「緒方」に「竹鶴」があります。
この酒房のご主人が、ようやく口説いておいてもらった経緯(いきさつ)あり。
かように、京都の酒は不毛です、今も。ようやく、わずかながら曙の期待がこうした店の開店です。多謝 Ajinci

[ 2009/06/16 21:13 ] [ 編集 ]
由紀の酒のAKIRAです。
竹鶴は先日、名古屋の焼き鳥屋さんで頂きました。
大和雄町と宿根雄町でしたが
いずれもお燗が最高でした。
今度は自宅でじっくりいただき
稚ブログでも紹介したいと思います。
[ 2009/06/16 21:09 ] [ 編集 ]
きまた様
お訪ねありがとうございます。
良い酒、良い肴、そして,うち(店)皆、人となりの表れかと思います。
良い店は、客の姿も映します。
久保本家に小笹屋、旦那と杜氏の器量そろって、ですね。

これからも、よろしくお願いします。
多謝 Ajinci
[ 2009/06/16 19:41 ] [ 編集 ]
Ajinci様こんにちは。
はじめまして。
当方の稚拙なブログへのコメントいただきありがとう御座いました♪

写真を見れば一目瞭然。
お酒もお料理も両方ツボを得たお店で素晴らしい。
美味しいお料理と睡龍(どぶも)と竹鶴に目が無いので、
こんな素晴らしいお店には遠くても通いたくなりますね。
[ 2009/06/16 17:59 ] [ 編集 ]
Ajinciさまこんにちは。

こちらのブログより京都の空気感、日本酒そして京都らしいお料理をしっかり脳内で堪能させていただきました。

学生時代を京都で過ごしましたが、以来京都嫌いです。
がしかし、今また再訪すると違った面が見えてくるような気もしております。歳を重ねているという事かもしれません...
[ 2009/06/16 15:10 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/06/16 15:08 ] [ 編集 ]
kyomi様
コメントありがとうございます。
失礼ながら、この場を借りて、「夏の会 灯と古器即売」の案内届きました。ありがとうございます。Balletaともども、京都行き、思案中です。出かけることになれば、改めてご連絡をいたします。
マール (marc)は葡萄酒のかす取り酒。ChambertinはかのRomanée-Contiのご近所。ブルゴーニュの銘醸ですね。kyomi様には、是非、Champagneのマールをお試しいただきたい。かすとり酒ですので、葡萄酒の製造元にはたいていありますし、安い。
蒸留酒ですので、度数が高いどすぅ。お気をつけを。
多謝 Ajinci
[ 2009/06/16 10:34 ] [ 編集 ]
ワインもいいけど日本酒もいいですねえ~
TVのお酒のCMでは決まって『いい女』が着物を着てね、、、うふ。
6年くらい前か、いえ、もうちょっと前かな?
やはりCMでした、でもたしか、お酒のCMだったと思うんですけど
、お酒じゃなかったかなな??!
、、たぶん『黄昏のビギン』永六輔の作詞です
すんませんいい加減な記憶で、、で、
ちあきなおみという歌手が歌った曲が流れていて、、、
あまりにも歌詞とメロディーがよかったので ♪♪
必死で問い合わせたことがありました。
どちらにしても『いい女』と『いいお酒』絵になりますよね。。
うふふ
あ、そうそう
あれから『あのバー!!』で
教えていただいたマールにハマってます!!!
もちろんシャンベルダンの、、いい香りがたまらないです。
ありがとうございます♪
いい女めざしてっ、、なんちゃって。
[ 2009/06/16 09:52 ] [ 編集 ]
おまつり本舗@五反田様
訃報にふれての、お気持ち。お察っしいたします。

「アジサイの咲く頃に、 ぬる燗で一杯、、、」
燗酒が、暮らしから遠のいている気がいたします。
是非、燗あがりの良い酒を、多くの方々に知って欲しいと願っております。
ご活躍を祈念して

多謝 Ajinci




[ 2009/06/16 09:48 ] [ 編集 ]
N.kojima様
毎回のお訪ね、いたみいります。
「山田錦」は酒米の優等、で、超のつく有名品種ですね。
この度、小欄で、紹介!=呑んだ「竹鶴」は「雄町」。「辨天娘」は「五百万石&玉栄」を。
先日の蕎麦屋での放置もの「竹鶴」は「八反」という酒米を使っていました。
実はこの蕎麦屋さんを教えてくれたのが、この京都の店のご主人です。「池田屋酒店」も教えてもらい、重宝しております。灯台もと暗しの好例。
この店、良いです。機会ありましたら、是非に。と、いいながら、どう、ご案内できるかなー。 ま、その時はその時で。
無責陳謝 Ajinci

[ 2009/06/16 09:40 ] [ 編集 ]
当店の
お客様でもありました
プロレスラーの
三沢光晴さんの突然の訃報で
ここ数日、BLOGの更新もストップし
凹んでおりましたが

竹鶴の話題で少し、
気が和んだところです

こちらでは、
特大のニシンの塩焼きに合わせて、
店主の勝手な好みで
幅の広い、この味系のお酒を
オススメしたりしております~♪

アジサイの咲く頃に
ぬる燗で一杯♪も良いですよねぇ~!
[ 2009/06/15 23:29 ] [ 編集 ]
山田錦系は、旨いのがおおいですよねー。

純米だと、魚沼が好きな僕です。

黒部の幻の滝もうまいっす。

素敵なお店ですね。
[ 2009/06/15 22:48 ] [ 編集 ]
純米狂@takezo様
お訪ねありがとうございます。

変化(へんげ)は、へうげもの に通じ、「織部」に至っては、和様を超えた
世界観がある、と思っております。
織部の自在同様に、、へんげの酒も好みです。

これからもよろしくお願いします。
多謝 Ajinci
[ 2009/06/15 20:57 ] [ 編集 ]
拙ブログへのコメントありがとう御座いました♪
「竹鶴」「鷹勇」自分の好きな銘柄の一つでもあります。
ところで こちらのお店 日本酒の品ぞろえが素晴らしいですね。
「竹鶴」を始めとして「辨天娘」「花垣」「凱陣」「秋鹿」などなど
見ているだけで涎ものです!!(笑)
それから日本酒というものは飲用温度にもよって
味わいが違ってくるので それも また楽しみの一つですね♪

これからも日本酒の魅力にドップリとハマってくださいませ~♪

では また・・・。
[ 2009/06/15 20:10 ] [ 編集 ]
アサノ様
お訪ね、ありがとうございます。
フレンチで、竹鶴.ですか、おもしろそうですね。興味津々。
昨日、蕎麦屋で、随分と放って置きっぱなし、H12年醸造、製造H19年。蕎麦屋店内飾り?放置3年?。ボトム、お終いをいただきました。なんと、上手に育った「紹興酒」の風雅。変化は変わらずの力ある酒でした。まいりました。
このお蕎麦屋さん「蕎麦切りさいとう」にも石川杜氏さんがお見えになったかと伝聞でうかがっております。
良い酒、好好。
今後とも、よろしくお願いいたします。
多謝 Ajinci

[ 2009/06/15 17:21 ] [ 編集 ]
初めまして。
コメント頂き、ありがとうございます。

竹鶴を初めて、炭火でコトコト燗付けし、それを冷ましで呑んだ時はあまりの旨さに驚きました。
以来、ずっと虜です。

日記で触れていた友人の店は
http://tamariya.is-a-chef.com/tamariya2009/main_diary.htm
たまりや料理店という愛知県の簡素なフレンチのお店です。

店主は竹鶴の杜氏、石川さんと仲がよく、石川さんもたまにこの店を訪れる事があります。
その事もあって、この店の料理は、竹鶴に合うようにも作られているので、気に入っていって頂けるかもしれません。
機会があれば是非足を運んでみて下さいね。

この記事のお店も良い趣ですね。
是非とも訪れてみたいです。

では、また遊びにきますね。 失礼致します。

[ 2009/06/15 16:49 ] [ 編集 ]
店主なるきち 様
当方こそお訪ねいただきありがとうございました。

旨酒。個々の好みに委ねられますが、「これは」に出会えると嬉しいです。
今後とも、よろしくお願いします。

多謝 Ajinci
[ 2009/06/15 15:16 ] [ 編集 ]
当ブログにコメントいただきありがとうございました。
当店では取扱いがありませんが、「竹鶴」は私も好きなお酒です。
旨い地酒に美味しい料理、さらに楽しき仲間と一献!
飲み助には最良の幸せですね!!
また、お伺いいたします。
[ 2009/06/15 14:22 ] [ 編集 ]
エミリア 様
再訪ありがとうございます。
イタリアにお住まいで、酒を「飲めない」。お察し、といいながら、その状態
状況の気分を共有ができませんが、お酒とご飯は良縁かと存じます。
私の知人でボローニャ郊外に暮らす日本人がいます。
彼は、トマト、とカッフェが駄目です。
彼とシチリア旅行をしたさいに、私がトマトの珠玉?パッキーノの町へ行こうと、なんど叫んでもハンドルを握る彼は、「アグリジェント」へアクセルを踏み込むばかり。然り。

醸造酒はすべからく酵素による糖質の分解作用によって発酵がうながされます。
できれば、この酵素の一部が、体に効く性能を維持したまま酒に宿るといいですね。
ヨーグルトのLG21のように。

酒肴の際の肴、すべからくご飯に友好です。
「酒菜=サカナ」転じて。魚=肴 「美味しいよ」の意ありです。
どんどん、肴でご飯を楽しんでください。
以下に酒はありません、ご安心ください。
李白 「送友人」
青山北郭,
白水遶東城。
此地一爲別,
孤蓬萬里征。
浮雲遊子意,
落日故人情。
揮手自茲去,
蕭蕭班馬鳴。

多謝 Ajinci



[ 2009/06/15 09:48 ] [ 編集 ]
好きなのに、飲めないんです。
コップ半分のワインであの世に逝ってしまいます。
分解酵素がないんでしょうねぇ、残念です。
ワインがおいしい国に暮しているのに。

李白の歌の「酒」を、チョコレート、またはジェラートに
置き換えると、そのまま私の歌になります。
甘いものには目がありません。

上に並んでいる酒の肴になる品々
これを炊き立てのごはんと一緒に頂きたいものです。
[ 2009/06/15 04:40 ] [ 編集 ]
蔵前人様
早速のコメントありがとうございます。運営側の緊急メンテナンスの為、一時的にコントロール出来ない状態にありました。当方からも、お詫びいたします。

件の箸、昼酒用に、かと存じます。
小生は、朝昼晩と、箸だけでなく、酒浸り。村上の酒浸し、に繋がってしまいます。

多謝 Ajinci
[ 2009/06/13 16:50 ] [ 編集 ]
その箸、
昼酒に使用しています。
[ 2009/06/13 16:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。