「リドヴォー」て書いてあったわよ お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「リドヴォー」て書いてあったわよ

お気楽_アルティジャーニ_クッチーナお気楽_アルティジャーニ_ワイン Ajinci&Balletaにとっての救世主ともいえるイタリアンがある。家から歩いて5分。嬉しいとき、苦しいとき、悲しいとき、いつも、なにかと理由をつけては、ここに来る。そして、いつも同じ気持ちで帰る。「また来よう」と……。

出会いは、9年前に遡る。ある日、買い物から帰ってくるなりBalletaが、「ねねっ、びっくり。品書きに、”リドヴォー”(ris de veau リードボー(子牛の胸腺肉)って、書いてあるイタリアンをみつけたの~」と勇んで言う。

 

「都心ならともかく、こんな街で、そんなものを扱っているなんて、なにかの間違いだろ~?」と半信半疑で、早速、二人で行ってみると、じゃじゃ~ん。確かにボードメニューに書いてある。コリャ、タマゲタ。しかも、シチリアにあるトラパーニ(有名な塩の産地)近郊のマルサラ名産・濃厚葡萄酒”マルサラ”のソースでいただけるという。ワインリストを見ると、イタリア産の他に「チリ産」、「オーストラリア産」と、懐に優しい”赤&白”が揃い、スプマンテも用意されているではないか。

その昔、本国では存在しない「ナポリタンにタバスコ」が、スパゲッティの代名詞だった。その後、海外旅行者や情報が増え、”イタリアンブーム”も手伝って、”本物”が行きかうようになった。とはいえ、未だ、都内の有名店、某準国営放送局までもが、”スプーンを片手にフォークでパスタをクルクル”の風景がまかり通っているのも事実。「ピザにタバスコ」と同じく、この”クルクル回し”も、イタリアでお目にかかることはない。

だからこそ、頭をよぎったのは「この場所で、勇気あるな~」のひと言だった。まずは「ランチメニュー」のパスタとラザニアをいただき、ん!その日の夜に再訪し、目をつけていた「リドヴォーのマルサラ酒ソース」をメインに、5品を味わった。以来、週1回は当たり前。連日、足を運ぶこともある。で、お味はどうだかって?今も通っているのが論より証拠。旨んまい!好好。身近な幸せ、”ご近所イタリアン”の恩恵にあずかりっぱなしである。


ご近所イタリアンのカリテプリ。

 


お気楽_ホタテ_アスパラお気楽_パプリカ_アスパラ 店主の斉藤さんは都内・代官山のレストランで、若くして料理長となり、由あって、実家のあるこの街で開業した。

 

平日の昼は「ランチメニュー」のみ。夜は、メニューブックに加えて、ボードに書かれた”お勧め”から料理を選ぶことができる。だが、「イタリアン=粉物」という思い込みがあるのだろうか。当初は、”夜”も”昼”と変わらず、ボードの存在はいずこに?パスタやピッツアばかりを注文するお客が目立った。

 


「ここにきて、大分変わってきましたよ。ボードメニューから注文をして、ワインを注文されるお客様が増えてきました」と斉藤さん。これからも少しづつ、前菜を楽しみながら、プリモ、セコンディを決めるときに、お店の人と相談する情景が見られるとウレシイ。料理人は、注文に応えるたびに、その力量、いわばセンスが研ぎ澄まされてくる。それを楽しむ関係ができたら、「しめたもの」なのだから。

お気楽_さやえんどう_ゴルゴンゾーラ お気楽_そら豆_ゴルゴンゾーラ お気楽_巻物_アンチョビ
お気楽_子羊_ロースト お気楽_あか貝_そら豆 お気楽_エビ_タケノコ

 

とまれ、私たちは、斎藤さんの努力のお裾分けをいただき、リーズナブルな食卓を楽しんでいる。都内でこれだけのクオリティの料理を、この値段でいただくことはできないだろう。私の「カリテプリ(Qualiteは「質」。Prixは「値」)」に適っている。高級であれ、大衆的であれ、立ち食い蕎麦でも、カリテプリ=質と値は、大切な判断基準のひとつ。自分自身のカリテプリに照らし合わせた結果、斎藤さんの店「Artigiani(職人)」を贔屓にしている。それは、この街で「希有」だから、だけではない。彼の料理に取りくむ姿勢が、よりよい道を探り、与えられた条件下で工夫を凝らしているからだ。

 

 「さっき、ひしこいわしのマリネーを仕込んだんですけど、どうです?」、「今日は、子羊があるんですけど、いつものように”塩”でなく、違うソースにしましょうか?」。な~んて、嬉しいリコメンドを頂戴しながら、世話×面倒かけっぱなしの図が続いているが、当分、斎藤さんは、この街に、どんと腰を据え、動く気は毛頭なさそう。しめしめ!? 

最近は、「そら豆と葱とゴルゴンゾーラ」が気に入っている。まだ早いが、そろそろ「走りの秋刀魚」が出てくる頃だ。ここん家の「サンマのガレット」も大好物。秋刀魚をよくたたき、ガレット(ブルターニュ名物蕎麦粉のクレープの形)に仕立てている。ああ、梅雨明けのSummer=サンマー(!?)が、待ち遠しい。

 

 【Artigiani(アルティジャーニ)】 (イタリアンレストラン)埼玉県上尾市宮本町6-20 TEL048-771-0821 営業時間11:45~14:00 17:30~22:00 ※土日祝日は、17:00~21:00(LO)定休日 毎週水曜日

warna-warni 様

お応えが遅れてごめんなさい。
京都からもどりまして、12日からは香港にきております。
ネットにアクセスしておりませんでしtら。陳謝。

そうでしたか。フランス存在日記のCOCOさんは、隣街の川越がご実感だそうです。
是非、お出かけください。

土地にご縁のある方からコメントいただきありがとうございます。
リドヴォーは、最近イタリアンでもみかけます。ただし、この店は、年中あるわけではありません。
なにせ、客層、と町環境が、でございますので、ご主人とお話されると、きっと良い一皿に出会えます。

多謝
香港   Ajinci

[ 2009/07/14 10:32 ] [ 編集 ]
こんにちは!えっ!住所を拝見して本当にびっくりしました。
実は私の実家が同じ路線でもう少し奥になるのですが、
母を連れて近いうちにぜひ一度行ってみたいと思います。
いいお店教えていただきありがとうございます。
ちなみにリードヴォーは私も大好きで、フレンチではいただくことはあっても
イタリアンではいまだ食べたことはないと思います。
[ 2009/07/12 15:03 ] [ 編集 ]
exmouthcoco 様

当方こそ語尾沙汰をしております。
また遠方からのお訪ねありがとうございます。

「酒を酌む。」の項で紹介した「李白」は、友、酒にまつわる詩が多く見られます。
今様時代、フランスも近く感じられ、、もし存命であれば、「李白」はどう詠むのでせうか。

お里のある、川越には、多くの老舗、やる気のお店があるかと存じますが、機会ありましたら
是非とも、上尾の「アルティジャーニ」をお訪ねください。

おっしゃるとおり、「厨房と客の距離が近い」ことは、とっても都合がいいです。
材料の塩梅で、数種のおかずがたちまち決まります。
一人、ご主人が格闘している間、
こちらは、葡萄酒相手に待っていればいいのですから、無責任極まりありません。

和国へおもどりの際には、京都にも足をお運びください。
何軒か、Ajinciリコメンドをご紹介できるかと存じます。

祇園祭り最中、蒸す、都から、今日「さきたま」にもどります。

多謝再見 Ajinci
[ 2009/07/09 07:30 ] [ 編集 ]
お久しぶりです!
徒歩圏にこんなに気の利いたお店があるとうれしいですね!
調理場とお客さんの距離が近いのって、とってもうらやましいです。
いつになるかわかりませんが、次に里帰りした際は是非行ってみたいと思います。
[ 2009/07/08 23:42 ] [ 編集 ]
y_and_r_d様
コメント、ありがとうございます。

一昨日から、京都に来ておりまして、酒浴びすぎで、お応え遅くなりました。
お詫びいたします。

胸腺肉は、欧州(古い)では、子牛以外にも、仔羊のもいただきます。
癖のない、部位で、コラーゲン豊富、女性によろしのこと、です。
是非、お試しください。

おっしゃるとおり、海外、に行かずともこの国、世界のご飯に困ることりませんね。
こんな国日本だけ。
でも、ひとつだけ、出かける理由。それはサービスする人とお客。
外での美味しいご飯は、そこに集う人もご馳走と思っております。
目の馳走。人々の振舞い、風貌などなど、気分=インザムードです。

次回は、私の大好きなボローニャ郊外の村にあるトラットリアを紹介したいと思っております。
酒が利きすぎて、アップできい場合はご容赦ください。


是非、またコメントをお寄せください。好好。

多謝 Ajinci
[ 2009/07/06 10:32 ] [ 編集 ]
三平様
お訪ねありがとうございます。

一昨日から、京都にきております。
二夜連続で、竹鶴雄町を痛飲しております。
当ブログ「酒を酌む」で紹介したお店でです。

ご近所で、通うは、ただ「一軒」です。
一軒あるだけで、救われます。
量?より質かしらね。

多謝 Ajinci

[ 2009/07/06 10:13 ] [ 編集 ]
鍵コメ様

コメントありがとうございます。
こちらこそ、ご無沙汰しております。
お店に、いらっしゃった時には、大変お世話になりました。
あれから、何年でせうかね。

私は、変わらず斉藤シェフ頼みの暮らしです。
近々、アルティジャーニで再会しましょう。

多謝 Ajinci

[ 2009/07/06 10:07 ] [ 編集 ]
こんばんわ。
「リドヴォー」って知りませんでした。
こんなに本格的なお店が近所にあるといいですね!
海外旅行行かなくてもいいのでは?
[ 2009/07/05 20:54 ] [ 編集 ]
上尾にリドヴォーを食べさせてくれるイタリアンがあるんですね!
う~ん、うちのあたりより、よほど良いお店がありそうです。
[ 2009/07/04 16:56 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/07/04 14:43 ] [ 編集 ]
yukarist_bkk様
PingPong。 仏語、正解です。Qualite Prix。 仏語ではeの上に'が付きます。
カリテプリに触れてくれてありがとうございます。

「うーん、これって、私のカリテプリとして、は、駄目」てな風に使ったりします。
人それぞれの、価値観ということかと存じます。
個の姿勢があいまいを良しとする和国の民には、ちと難かしい、意識。

チェンマイの知人が、ライチーが豊作で、一㎏25バーツと云ってます。
良いな。
たくさんの果物、天の恵みですね。梅雨に効くかも。、Sometime ソムタム。
多謝 Ajinci

[ 2009/07/03 15:59 ] [ 編集 ]
カリテプリ。仏語でしょうか?お恥ずかしながら初めて聞きました。勉強になりましたデス。

厚い雨雲が去り、代わりに台風がやって来る頃、SUMMER~サンマ~も上陸ですね。
カルパッチョ仕立てのサンマも大好きですが、ガレット仕立てですか。
ワインにも、そして日本酒、ビールにも合いそうな風味を想像し、マウスウォータリングです。
[ 2009/07/03 15:30 ] [ 編集 ]
施基 様
再訪、ありがとうございます。

おっしゃるとおり、たくさんの外国料理?のお店が増えました。
その国の料理人がやってきたり、日本人が修行をして戻ったりとか、一昔前までは
考えられない、質の向上がありますね。

その国に出かけず、居ながらにして「楽しむ」以上は、その楽した分、お店選びも楽しみたいですね。
私が,気に入っている、イタリア/ボローニャ郊外SAVIGNO(サヴィーニョ)村のトラットリアは、食後に、10種前後のグラッパを卓に並べてくれ、手酌でいくら呑んでもFree。
酩酊必須。
近々、このお店の記事をアップする予定ですので、ご面倒でせうが、当ブログ、見張っていてください。 多謝 Ajinci

[ 2009/07/03 13:10 ] [ 編集 ]
MADAO様
お訪ねありがとうございます。

フレンチであれ、イタリアンであれ、京都の格式の食でも、店側とのコミュニケーション
次第、ってことかと存じます。
時には、「緊張を楽しむ」フレンチの高級、京都の料理屋などがある。その一方で普段の、ご近所の「気軽」を楽しむこともある。
いずれも、楽しむ、ということをお店と共有できればしめたものですね。どんな国のお店でも同じかと。是非、一度お訪ねください。
多謝 Ajinci



[ 2009/07/03 07:09 ] [ 編集 ]
N.kojima 様
即応、感謝。

大都市を含め、名店迷所在りが以前はありました。銀座の路地の奥のまたその奥、とかに。
今は、わざと辺鄙を織り込む(仕込む)ところが目立ちます。
明日から、出かける京都はその典型。迷偵酩酊。
料理は「材料理解」の略語。
数寄こそ物の上手なれ。身銭×時間(膨大ほどよろし)
多謝 Ajinci
[ 2009/07/03 06:59 ] [ 編集 ]
いいですね、こういうお店。
そう、都内には勿論いいお店が沢山あるけれど、ちょっと郊外にも意外とあるものなんですよね。
近くにあったら私も絶対に此処、通っていることでしょう!
ワインを頂きながら美味しいお料理に舌鼓、そしてグラッパで〆!
楽しそうです(笑)。

施基
[ 2009/07/03 06:46 ] [ 編集 ]
Balleta様、Ajinci 様

ブログへのコメントありがとうございました。
F&F carpe diem!のMADAOでございます。

アルティジャーニは、名前だけは知っていますが、まだ行ったことがないんですよ。

私の通っているMIREとは違って、おしゃれイタリアンですね(笑)。羨ましい!

ぜひ今度、浮気してこの店にも行ってみたいと思います!
[ 2009/07/03 00:52 ] [ 編集 ]
いやー、東京以外の地、面白いですねー最近。

食材とシェフの腕、考え方があれば、場所を選びませんよねー。
素敵ですね。
[ 2009/07/02 22:32 ] [ 編集 ]
takanokumiko様
お訊ねありがとうございます。

町で、たった一軒。どれだけ救いになるか、はかりしれあい価値。
幸運です。

ご近所ご飯亭が適いますように、願っております。
多謝 Ajinci
[ 2009/07/02 22:02 ] [ 編集 ]
気心知れたおいしいお店が近所ににあるってとってもいいですね~。すごく気に入ったお店への私の一番のコメントは家に向かいにあってほしい~!です。こちらに伺うとお腹が空きます。
[ 2009/07/02 21:42 ] [ 編集 ]
うさこ 様
お訪ねいただきありがとうございまし・

嬉しいです。地元のファンからのコメント。
きっと、この欄をご覧になるであろう、斎藤さんも、お喜びのはず。

せっかくの、地元で美味しい、大切にしたいですね。

今後とも、よろしくお願いします。
代理店か?。

多謝 Ajinci

[ 2009/07/02 15:32 ] [ 編集 ]
ここのレストランは私も地元民として自信もってお勧め致します!!

かれこれ私も5年以上ファンでいます。
地元にお友達を呼んだ際も、よく友達を連れていき、その友達もまたファンになります。

女の子4人で行った際、食事の最後にデザートを4種類頼み、シェアしようとなりました。
デザートのパンナコッタを最初の一口を食べた子がおいしすぎて本気でちょっぴり飛び上がったんです。その後私たちはものの数分、いや数秒でデザートをたいらげ、それは争奪戦にも近い状態でした。今思うと、若かったとはいえ、女の戦いは勇ましく恐ろしい。。

行った際は、ぜひデザートまで召し上がって楽しんでいただきたいです♪
[ 2009/07/02 13:20 ] [ 編集 ]
hananokaori 様
お訪ねありがとうございます。

「目で食べる」、は特に和、日本料理が秀でていますね。
フレンチもヌーベールの時代をえて、日本料理の美しさの洗礼後、洗練されて経緯があります。
イタリアンも、遅ればせながら、みてくれに神経を使いはじめたようです。
現地で修行、働いている日本人料理人の存在もあるかと思いますが。

この度、紹介した料理は、品書き定番の物ではありませんが、是非、季節を映したお勧めメニューが、店内のボードに書かれていますので、楽しみにお訪ねください。

多謝 Ajinci

[ 2009/07/02 10:26 ] [ 編集 ]
kaori 様
お訪ねありがとうございます。
[さきたま]に暮らすと,東京近郊のせいか、とても中途半端な面がありますね。
ちゃんの田舎なのか、都市なのか。

なんとかデータでは、暮らしにくいワースト暮らすの常連です。
確かに「おいおいっ」の情景、光景に多々でくわしますが。

でも,拙ブログで紹介した「はつかり醤油」を始め、とても良い物が
さがしてみるとあります。
そんな中での、このイタリアンとは良い出会いでした。
お豆腐では、「三之助豆腐」。此処の家の「ふわふわ豆腐」には「はつかり醤油」が付いています。付けておけばいい、とうのでHなくて、この醤油でいただいて欲しい,という、作り手の姿勢が好好。

アルティジャーニ、是非、お訪ねください。
多謝 Ajinci

[ 2009/07/02 09:01 ] [ 編集 ]
目でも楽しめるイタリアンですね~。写真もとってもきれいに撮れていて、美味しそう~♪

ベジタリアン対応もしてくれるかなあ。

上尾にもこんなおしゃれなお店があったんですね。
主人や友人とぜひ一度行ってみたいです。
素敵なお店のご紹介ありがとうございました。
[ 2009/07/01 21:10 ] [ 編集 ]
ブログへのコメント、ありがとうございました♪

コチラのお店、とっても素敵ですね~!!
メニューも多彩で豊富^^*
こんなお店がご近所にあるなんて、羨ましいです。

写真もとっても上手で、なによりお店への愛を感じますね~

上尾方面に行く機会があったら、ぜひ立ち寄ってみたいです♪
[ 2009/07/01 16:12 ] [ 編集 ]
kyomi様
ありがとうございます。
長大なコメントをいただき、いたみいりましてございます。
レストランというよりは、町の小体なトラットリアって感じでせうか。

下駄履きは、ちーっとうるさいけど、お風呂帰り(今はそういう光景もみませんね)に
一グラスいただきに、寄ってもよろしいいのコトヨの気分ざんす。

リモンチェッロ (Limoncello)がお好きのようですね。ナポリ湾のカプリに、この黄酒の名前を商標登録した、親父さんの店があります。始まりは、ソレント半島のアマルフィーらしい。
眺望すんばらしい、のんびり気候は、登録なんて夢にも思わなかった、のでしょうね。
おかげで、カプリのそれが御本家ということになっちまっています。イタリアらしいって云えば
それまで、ですが。ちょっと甘ずっぱい物語でしょ。なにせ原が檸檬だもんね。

空豆も名残の冠がつくころ、この豆の旬は短い。
グラッパの酔いも、またよろしのココロ。
お労りのほどを。
多謝 Ajinci

[ 2009/06/30 23:06 ] [ 編集 ]
これはこれは参りました!美味しそう~~~ぼーの、ぼーの♪
オーダーをとる時のシェフとの距離間がとても近くて
いい感じのレストランですね
そうなのそうなの
本場イタリアのレストランでのディナーはこの時から始まる
ワインリストを見て10分
メニューを見て10分以上~~ 笑
(実はイタリア人が気が長いというのもあるかしら?!)
太ったシェフが出て来て
『今夜は良い魚が入ったよ』で話が始まると
一気にそこから皆で盛り上がる
食べる呑むお喋りまた食べる(ドルチェ)最後にレモンチェッロで
終わったら夜中の12時だもんね。(イタリア人はとにかくよく喋る!)
(まあ~ディナーのスタートも9時頃だけど、、><)
日本にはなかなかそんなレストランが見つからない

ここはいいですね (^ー^)
写真からその日の新鮮な素材を使った一皿にシェフの愛を感じます
--------------------------------
最近は、「そら豆と葱とゴルゴンゾーラ」が気に入っている。まだ早いが、そろそろ「走りの秋刀魚」が出てくる頃だ。ここん家の「秋刀魚のガレット」も大好物。秋刀魚をよくたたき、ガレット(ブルターニュ名物蕎麦粉のクレープの形)に仕立てている。ああ、梅雨明けのSummer=サンマー(!?)が、待ち遠しい。
-----------------------------------
ワタシも待ち遠しいわよ! てへ。笑
ほんと美味しそう!!!!
食べに行きたいわよ~~~~ 

[ 2009/06/30 21:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。