名残りのポモドーロとバジリコ お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

名残りのポモドーロとバジリコ

お気楽_バジルソース_ジェノベーゼ_リガトーニ210お気楽_トマトソース_冷製パスタ210 葡萄酒やチーズ、オリーブ(オイル)、パスタなどなど、日本で、数え切れない"本場物"が、手に入るようになったのは、つい!? 最近のこと。「ナポリタン」が、本国イタリア・ナポリには存在せず、ナポリ風は、「ナポリタン」ではなく「ナポレターノ」であるのが、知れ渡るようになったのも、さほど昔ではない。

味噌や醤油が量り売りされ、地産地消が当たり前だった、ウン十年前。「ソース」といえば、真っ先に"ウスターソース"が思い浮かぶ時代があった。その頃からすると、ひと言に「ソース」といっても、ずいぶんバリエーションが増えた。今や、和洋中ジャンルを問わず、レトルト品から瓶詰め、缶詰など、様々な物が手に入るようになった。しかし、便利さの一方で、市販品をそのまま使うだけでは、料理を作る喜びも楽しみもない。そんなことから、我が家では、"自家製"を身上としている。

今、季節の素材を使ったソースといえば、取りも直さず思いつくのが、ご存じ「ポモドーロソース」。夏なら、新鮮なトマトが手に入り、"出来合い"とは段違いの味わいが得られる。もうひとつは、「ジェノベーゼソース」。バジルは、ベランダ栽培で簡単に作れて、無農薬で安全だ。今年も、これら二種類のソースと共に、旬の味を満喫した。


夏の名残り、真っ赤をいただく。  

お気楽_トマトソース_サンマルツアーノ210再 お気楽_トマトソース_スパゲッティポモドーロ210 「ポモドーロソース」は、何にしても、作るのが簡単!トマト(ポモドーロ)の皮を剥くかどうかは、お好み次第。適当の大きさに切り、塩と胡椒、ニンニクと共に、オリーブオイルを引いた鍋で、最初の量の1/3くらいまで煮詰めるだけ。「玉葱をよく炒めて、入れる」など、面倒は一切しない。シンプル&イージーがモットー。本やネットで紹介されているレシピを幾つか試してみたが、今のところ、この方法に落ち着いている。

ただ、単純な調理法だけに、材料で、明確に味の差がでる。塩やオリーブオイルはもちろん、主役のトマトがモノを言う!?今年は近くの農家で作られ、赤くなるまで木で熟したトマトを使った。すると、どうだろう?今まで感じられない旨みが際立った。缶詰なら、イタリア産サンマルツアーノ種の物を使い、フレッシュなトマトを入れている。こうすると香りがまったく違う。"生"の威力は絶大だ。

万能選手の「ポモドーロソース」。スパゲッティと合わせれば、「スパゲッティ・ポモドーロ」の出来あがり。夏なら、このソースをブレンダー(バーミックス)にかけてから冷蔵庫で冷やし、TOP写真(右)のように、カッペリーニの冷製仕立てにするのもいい。また、ズッキーニやパプリカ、セロリなどの野菜と煮込めば、「チャンボッタ」や「カポナータ」が、すぐ作れる。 中華、インド料理を作るときにも重宝する。みんなが大好きな(?)「エビチリ」が、グンと美味しくなり、カレーのルーに加えれば、深みのある本格的なCurryに変身する。



バジリコの恵み。

 

再 お気楽_ジェノベゼソース_野菜焼き210お気楽_ジェノベゼソース_じゃがいも_アンチョビ210 港町ジェノバ発祥「ジュノベーゼソース」も、ブレンダーがあれば、数分で作れる。

 

まず、松の実を軽く、煎る(お好みで、クルミ、カシューナッツを入れると、コクがでる)。次に、ニンニクと塩、胡椒、オリーブオイル、パルミジャーノ・レッジャーノと一緒に、"ガリガリ、グワ~ン"を繰り返せば、あっという間に北伊名物"ジェノバのお味"、一丁上がり。

今回は、南伊・カンパーニャ州のショートパスタ「リガトーニ」と組み合わせ、南北の友好を図った(TOP写真の左)。「ジェノベーゼソース」は、焼いた野菜にかけるだけで、野菜の旨みを引きたててくれる。茹でたジャガイモにもピッタリ。アンチョビとドライトマトを効かせると、旨み成分がソース全体に広がり、深みが増す。 

 

ぱっきーお気楽_サンドライトマト_パッキーノ210お気楽_ドライトマト_野菜煮210 ドライトマトは、目移りするほどの種類が出回っているが、シチリア産「パッキーノ・サンドライ(天日干し)」が、お薦め。エビや貝、季節の野菜を合わせると、格段に味がよくなる。

 

現地でも、一般的なドライトマトが5、6ユーロ(1kg)に対して、"シチリアの小粒ちゃん"は、同じ量で30ユーロ! 「ち~っとばかり、お高こうございます!?」だが、シチリアの風と陽光をたっぷり浴びた「風味」の素晴らしさは、言葉にならず、"地中海性気候の恵み"は無視できない。

ちなみに、トマトとバジルの協演、「ポモドーロ」と「バジリコ」の相性の良さは、ナポリが誇る「ピッツア・マルゲリータ」と、カプリ島発祥の「カプレーゼ」が、世界中で好まれていることからも明らかだ。この緑と赤に白を加えた三色国旗がはためくのを見ると、食欲をそそられるのは、なぜだろう? 

どぶ総帥 猊下

お訪ね、いただきありがとうございます。

昨日の京都も雨降りでございましたが、夕方からあがりまして、酒肴?日よりに。

昨晩は「染司よしおかの」吉岡親分に案内され、深草というところにある、韓国料理店「桃李園」という店で、店主(オモニ=おかか様)のつくるマッコウリ=どぶ(ロク)をしこたまいただきました。
総帥猊下に、是非とも機会ありましたら、オモニ作のドブをお試しいただきたいなーと、思いながら
酩酊の境地にいたりました。 「桃李園」は野菜の殆どを自家農園で作るということでも知られているようです。  多謝再見  Ajinci

[ 2009/09/16 07:35 ] [ 編集 ]
京都にいらっしゃるのですか?

奈良は雨模様ですが、京都はいかがでしょうか。

いつも美味しそうな記事楽しみに読ませていただいています。

京都、満喫できるといいですね。
[ 2009/09/15 15:19 ] [ 編集 ]
marvelous-days 様

ご案内、ありがとうございます。
昨日、14日は、曼殊院通の「恵文社」に出かけた際に、
鴨川の景観をバスから垣間見ました。
ぜひ、歩いてみたく思います。高野界隈で、
小体なトラットリアを見つけ、Balletaとお昼に入りました。
仔羊もありまして、欲張りが生じ、
けっこうなランチになってしまいました。
お店は「ANTICO」という名前です。好好。
多謝 Ajinci


Ajinciが触れた通り、昨日「恵文社」を訪れ、
本はもとより、雑貨のチョイスも楽しく、
気がついたら1時間たっていました。
ああいう本屋があるのは、いいですね。
京都の魅力のひとつを見せてもらった気分でした。
いつかご一緒できたらと思いつつ。

by Balleta

[ 2009/09/15 13:49 ] [ 編集 ]
apritisesamo 様

お訪ね、ありがとうございます。

件のソース、けっこうな料理店でも、体験したことがあります。
ソース二種を混ぜるということではありませんでしたが、とてもおいしくいただきました。
おっしゃるように、それぞれ完成されたソース二種の混合は、ちと、きついですよね。
こうしたリアルな、イタリアを感じるコメントをいただけると、叉出かけたくなります。
多謝 Ajinci


ちはるさん、遊びに来てくださったのですね。
ウレシイです~。イタリアや香港で、ご経験&感じられたことなどなど、
これからも楽しくお話させてください。いただいたメールへのご返信はのちほど、また~!
ところで、「序」、まだ1題あったのですか~??あらら...。
本部からアンケートも着てたので、てっきり...と...。

by Balleta

[ 2009/09/15 10:39 ] [ 編集 ]
今日は14日.Ajinchiさま&Balletaさま,京都にいらっしゃるんですね~.コンピュータの調子が悪く,再開できた日に京都だなんで,なんだか奇遇.
京都の有名所はきっともうご存知でしょうし・・・そうだっ!鴨川を南から北へ散策してください.この日曜日にも出町柳の花屋さん辺りの鴨川を楽しんできました.美しいです.桜や紅葉,雪の鴨川もいいのですが,普段の,日常の鴨川も美しいです.
飛び石も飛ぶと楽しいです.北山付近の飛び石はそれなりの歩幅なのですが,出町柳の飛び石は,大人でもちょっと必死になります(^^).
[ 2009/09/14 23:39 ] [ 編集 ]
こんにちは

Balleta さんのご紹介で始めて登場します。

現地ではジェノヴェーゼとトマトソースをまぜてしまうこともあるとご存知ですか?

私にとっては「それだけはやめて!」の一品ですが、巷(トスカーナでしたが)では結構一般的です。ジェノベーゼのパスタにチェリートマトを散らすのはたいへん結構ですが、このイタリアを代表する二大ソースを混ぜてしまうという大胆な試み、レストランでは食べられないB級巷レシピを一度お試しください。

ちはる
[ 2009/09/14 10:12 ] [ 編集 ]
みゃう様

貴重なアドバイスありがとうございます。

明日から、出かけてしまうこともあって、
今日中に最後の収穫(猫の額もないけど)をして、
さっそく、バジルペーストにして保存しました。

いただきまましたアドバイス、
来季に活かしたく思います。
お天道様、植物、活きる物全てを
糧にしていることを忘れずに、と心がけています。

多謝 Ajinci


みゃうさん!ほ~んと、虫、困ります~。
昨日、今年最後の収穫をしたら、一株だけ、巨大な青虫が!?
大きな食べ後&糞を見、泥棒に入られたような気分に?
でも、それだけオイシイ?害がない?とも??

今年は、青虫のみならず、新たな虫も発見しました。
これは米粒を1/10程に小さくしたようなモノなのですが、
葉を食べるわけでなく、アリの行列のように土の表面に
うじゃうじゃと"湧いて"いるんです。追肥した肥料に集まっているのか?
土に問題があるのか?とても不思議。ご存知ですか?

それにしても、ささやかなベランダ栽培ではありますが、
育て、眺めているだけで、いろんな発見があるものですね。
成長をみながら、感じることも多々ありです。

by Balleta
[ 2009/09/13 09:01 ] [ 編集 ]
こんばんは^^虫は困りますよね~。
うちは黄色い粘着テープのビタットトレシーって
名前のものを使ってます。これがあるかないかで
かなり違います。無農薬ならぜひおすすめ。
ただ、気を付けないと植物や人にもくっついちゃうので
固定したほうがいいです(^^;
くっつかないように工夫されたタイプのも売ってる
みたいですよ~。そちらはまだ使ったことがないです。

先日収穫したバジル、早くもまた葉っぱだらけに!!
植物の成長力ってすごいですね^^
[ 2009/09/11 23:29 ] [ 編集 ]
みゃう様

こちらこそ、ご訪問、コメント有り難うございます。
ブロッコリーくん、元気ですか~!楽しみですね。
ベランダで育てる野菜...模索中です。昨年、シソでさえ!?
上手くいかなかったので、及び腰です。よろしければ、アドバイスください!!

虫対策も、欠かせませんね。私は昨年、バジルでも悩まされました。
今年は、温度があがる時期に追肥する肥料として、糞系、油かすを避けたところ
まったく虫がつきませんでした~。ホッ!

by Balleta 
PS 余談ですが、私の実家にいる新入り猫の名は「み~にゃ」です。

Ajinci相方でございます。
お訪ね、ありがとうございます。
我が家のヴェランダ ヴァジルは、来週最後の収穫をしてお終いです。
トマトもヴァジリコも、夏の時間の恵み、感謝していただいております。

これからもよろしくお願いします。  多謝  Ajinci



[ 2009/09/06 10:40 ] [ 編集 ]
先日はブログにコメントありがとうございました。
その後もブロッコリーは順調に育っています^^
ベランダで育てる野菜、決まりましたか~??
うちのバジルは、最近ちょっと元気がないみたいです(^^;
[ 2009/09/06 10:05 ] [ 編集 ]
vinobianco 様

お訪ねありがとうございます。
イタリアの見聞記、とても楽しく拝見させていただきました。ちょいと羨望在り。

vinobiancoと聞く(見る)と、思うのは「ヴィノビアンコ、ヴィノロッソ」とくりかえし、酩酊してしまう為体でございます。

イタリアのご飯が、こんなにも、日本の家庭や料理店に広まったのは、パスタ、特に麺状のパスタが、麺好き日本人には馴染みやすかったことが牽引したのはと思っています。
それにしても、あっというまの広がりには驚きも、戸惑いもありますが。

パッキーノのトマトはフレッシュでも美味しいですね。トマトに限らず、イタリアでいただく野菜の美味しさに、行くたびに感激し、土の賜物のありがたさを、痛感いたします。

ダッテリーノ種のトマト缶、久々の物欲刺激でございます。

今後とも、よろしくお願いいたします。  多謝 Ajinci

[ 2009/09/06 09:44 ] [ 編集 ]
Balletaさんからのご紹介で伺いました。
食に対する情熱が伝わって来くるブログですね。
パスタが日本人にこんなにも浸透し、イタリア産が多く出回るようになったのはいつ頃からだったでしょうね?
「イタメシ」という言葉が流行った頃でしょうか?
私もはっきり記憶がなくて・・・
イタリア食材は今や日本人には、なくてはならないくらい身近な物になっているのは確かですね。

パッキーノ産のサンドライを食べてしまうと、他とはくらべ物にならいくらい美味しいですね。
私もお写真と同じお店で毎年大量に買って来ます。
このお店ではありませんが、ダッテリーノ種のトマト缶を買って来ましたが、缶詰とは思えないくらい美味しかったです。
食いしん坊同士?(笑)今後とも宜しくお願いします。
また、おじゃまさせて頂きます。
[ 2009/09/06 00:46 ] [ 編集 ]
OCCASIONS様

お訪ねありがとうございます。

夏も終わりを実感いたします。
拙宅のバジルは、来週中に全て(少ないけど)採取して、ソースに仕立てます。

これからも、よろしくお願いいたします。
多謝  Ajinci




[ 2009/09/04 13:43 ] [ 編集 ]
美味しそうなポモドーロにジェノベーゼ。
素材をいかしたシンプルなお料理、またイタリアに行きたくなりました~。
ブログへのコメント、ありがとうございました。
我家のベランダのバジルは8/24に収穫してから、あまりお天気がよくないので成育が思ったより悪いです。
もう夏も終わりですね...。
また訪問させていただきます。
[ 2009/09/03 17:00 ] [ 編集 ]
yunkao 様
お訪ねありがとうございます。

砂糖入りのトマト。ドライフルーツの感覚なんでせうか。
タイ人の砂糖無し、の暮らしって想像できませんよね。

是非、トマト活用しまよう。三段活用なんてへいっちゃら。なんでもござれです。
「ドイカム」か、懐かしいです。行きタイチェンマイ。  多謝 Ajinci


[ 2009/09/03 10:51 ] [ 編集 ]
鍵コメ 09/09/03 様

お訪ねありがとうございます。
大量のバジルと格闘とは、羨ましいです。
私の齢になると、「バルジ大作戦」の映画を思い出します。
拙宅も、来週後半に、最後のバジル作戦でございます。

またBalletaへのお気遣い、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いいたします。  多謝 Ajinci


[ 2009/09/03 10:45 ] [ 編集 ]
最近、ドイカムでドライトマトを買ったんですが、ちょっと砂糖が入っていて、おやつ感覚で食べるのにいい感じでした。でも、紹介されたソースや炒め物に加える方法、おいしそう!やってみます。
それにしても、このおいしそうなお料理が食べられるBalletaさんがうらやましいです~。
[ 2009/09/03 10:27 ] [ 編集 ]
marvelous-days 様
お訪ねありがとうございます。

西院にあるおでん屋さん「五合=ハンジョウ」で、西院トマトなるものをいただきました。
早めに終わってしまう品種だそうです。おいしくいただきました。

中華って、トマトを使った料理、けっこうあります。ケチャップ系も含めてですけど。
良いトマトを煮詰めたものは、とても上品に仕上がります。

基本のポモドーロ。知り合いのイタリアの家庭では、夏の終わりごろ,大量のトマトの瓶詰めつくり
に追われていました。来年のシーズンまで持たすのだそうな。どこの家でもそうだよ、とマンマ。
マンマは力。  ご飯=マンマ無くして、人は生きられない。

今月14日から数日,京都にまいります。酒の日々を避けたい。どこか[ココ見てOne,One]、などありましたらお教えくださいませ。 どこでもまいります。 西陣界隈、好好ですよ。  多謝  Ajinci




[ 2009/09/03 10:23 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/09/03 10:23 ] [ 編集 ]
こちらこそ、リンクの件、有難うございます。
これからも、ちょくちょくお伺いし、keiton-usaさんのお写真を拝見し、
アイディアを膨らまさせていただきます!!どちらのカットもステキですが、
私は特に「ボロネーゼ」と「カリフラワーのグラタン」が好きです!
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

by Balleta

Keiton様
お訪ね、いただきありがとうございました。

カルフォルニアの風と陽光、うらやましく拝見させていただきました。
気まぐれキッチンをあづかる者としては、今まで食べてきた、こと。見聞きした、こと。
などを、思いついたとき(だけ)作ってみています。
記憶の味をトレースしていく過程が面白いです。また、己の無知無能も教えてくれます。

これからも、よろしくお願いいたします。   多謝 Ajinci
[ 2009/09/03 09:58 ] [ 編集 ]
リンクの件、有難うござます。私も貼らせていただきますね。すっご~い!本格的なブログですね。私の素人ブログが恥ずかしいです。今後とも宜しくおねがいしますね。
[ 2009/09/03 07:07 ] [ 編集 ]
大好きな2つのソースです(^^).シンプルで美味しいですよね~.
(写真,美しい~)

今23時ですが,すでに明日の夕食のメニューとして頭の中にパスタが・・・.(また,夢にみそう….)
缶詰にも生を入れると美味しいのですね.やってみます!

ほぉ~,カレーにも.味の深まりが想像できますね~.やってみます!やってみます(^^).
[ 2009/09/02 23:17 ] [ 編集 ]
N.kojima 様

いつも、お訪ねありがとうございます。

ご指摘の通り、お天道様のおかげ。なにごとも、お日様あっての生命。当たり前過ぎて忘れちゃいますが、生命維持装置の基、空気もお天道様エネルギーあってのもの。

世界中の乾物食材、便利な上に、栄養が美味しい。この美味しいという作用が、広く伝えられる理由かしら。美味しくないもの、伝える気も失せてしまいます。

レヌ アロラ女史は、カレーってどんなものを教えてくれた先駆者ですね。
印度文化圏に行くと、実に多くの玉葱とトマトを使うことがわかります。
多分、暑いので、血液濃度を緩和するのに良い,と先人は知っていたのでしょう。

風と、陽光に学ばされます。  多謝  Ajinci



[ 2009/09/02 09:15 ] [ 編集 ]
マキ 様

お訪ね、ありがとうございます。
またお褒めいただき、赤恥の垢擦りでございます。
放置民市街の旅は、楽しめたようでなによりですね。

地中海エリアへも是非、御出ばりください。、地図を改めて見ると、歴史物語の舞台、民族宗教、食の大交差点、を改めて感じます。

リンクありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。 多謝  Ajinci



[ 2009/09/02 09:00 ] [ 編集 ]
イタリアンの魅力は太陽の恵みといった感じが有りますね。
健康的になるイメージと重なりそうです。
北行くとどうしてもジャガイモ系ですしね。

カレーにトマトで美味いのは、レヌ アロラのカレーですね。

食品会社に居た時代、ある会社の冷凍のイタリアントマトの
ソースでポモドーロを撮影日にシェフが作ってくれて
まかないで食べましたが、イタリアのは酸味が
すくないのでいいですよねー。

ドライトマトってコクがいいですよねー。
干すにしかり、野菜が育つにしかり太陽は偉大だなー。

パルミジャーノをかければごちそうですね。
[ 2009/09/01 23:49 ] [ 編集 ]
Ajinciさん、お店開けそうですね!
でもせかせか注文に追われて作るのはごめんでしょうか(笑)
地中海の恵み、私も食してみたいです。
Ajinciさんにお知らせです。
やっとエキサイトリンク外で 
リンクが載せることができました!
こちらのページ、リンクさせて頂いていますので、
改めてよろしくお願いします☆
[ 2009/09/01 23:19 ] [ 編集 ]
yukarist_bkk 様

重ねてのコメント、ありがとうございます。
バーミックスに代表される、ハンドグリップ式のブレンダーは、相手の
都合選ばす、で確かに便利です。

yukarist_bkk さんは、バンコクにお住まいなので、これからのお暮らしベースによって
どの国仕様かの選択がありますね。変圧器があれば仕様は問いませんが。

外圧、抑圧、電圧にもマケズ、お祈りください、除く、黒魔術。 多謝Ajinci



[ 2009/09/01 10:37 ] [ 編集 ]
オイシクナーレの念力、すっかり忘れておりました。
次回からは黒魔術のごとく念じてみたいと思います^^

確かにバーミックスはそろそろ買い時かもしれないです。
これでぐぐーーんと腕前アップになれば、うれしい、な。


さて、近頃のバンコク。
常夏ニモマケズ...といきたい所ですが、ここ連日の激しい雨にちょっと疲れ気味でございます。
一体何時になれば下水汚水と共に歩かなくて住むようになるのでしょうか^^;
[ 2009/09/01 01:53 ] [ 編集 ]
ノンノン 様
お訪ね、ありがとうございます。

ヴィジュアルで、おいしそうと云っていただけて嬉しいです。
味のほうも、それこそ、手前味噌ですが、「おいしい」ですよ。

プロの領域とはいかないまでも、見てくれも味のうち、と心がけております。
玉葱の力は目立たないけど大きいですね。

これからも、お訪ねいただけるとありがたいです。  多謝 Ajinci


[ 2009/08/31 17:21 ] [ 編集 ]
yukarist_bkk 様
お訪ね、ありがとうございます。

雨ニモマケズ、暑サニモマケズ、ジット煮ツメル。
おいしくナーレと念ずるのをお忘れなく。

そうですね、バンコクにお住まいですと、冷製は、なにかにつけ欲しいところですね。
ブレンダーひつあると便利です。
調理中のガー&グルユーンには、ハンドタイプのブレンダーが便利です。
ソースを滑らかにするだけで、腕が上がる味になる、はず。
美味しいトマトジュース、やフルーツジュースも、簡単、お奨めします。

常夏ニモマケズ、ご自愛ください。  多謝 Ajinci





[ 2009/08/31 17:11 ] [ 編集 ]
とてもおいしそう!!
トマトソースもフレッシュなもので作ると旨みが違いますよね。私も玉葱はあまり使いませんが酸味が強くなる時は玉葱のみじん切りを大匙3くらい使います。

写真もきれいですね。
[ 2009/08/31 17:05 ] [ 編集 ]
綺麗ですね。そしてとても美味しそうです。
自分の腕前、センスはそっちのけでブレンダーが欲しくなってきました。

最近のバンコクは雨が多く蒸し暑い日が続いています。冷製スパゲティポモドーロな気分です。
[ 2009/08/31 16:16 ] [ 編集 ]
ryuji_s1 様

コメントいただきありがとうございます。
お褒めいただき、ちと恥ずかしゅうございます。

イタリアでいただいた味を、思い出したり、近所のイタリアンのご主人から
うかがったりしながら、身勝手、自己流を決め込んでおります。

今後とも、アドバイスなどいただけたら、ありがたいです。
多謝 Ajinci

[ 2009/08/31 13:26 ] [ 編集 ]
ポモドーロとバジリコ
美味しそう素敵なソース
素晴らしいです
[ 2009/08/31 09:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。