片口に語らせては お気楽、味のほどしらず。

朝昼晩、違う国の料理を食べている摩訶不思議、日本、日本人。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

片口に語らせては

 
285お気楽_片口_佃ほか 酒を酌みながら、独り言。「片口」ってあるけど、両口ってのは、ないのかな~。両口っていうと、名古屋の和菓子屋さんとか、官の継ぎ手くらしか思いつかない。まっいいや」。大分、きこしてしまったのか、呂律が廻らなくなってきた。

そんな折に、NHKの語学番組「トラッドジャパン」の中で、出演者のステュウット・A・ヴァーナムアットキンが「シンメトリーじゃない、へこみ、ひしゃげを良しとする、美?失敗作だと思った」な~んて、初めて、織部焼を見たときの印象を話していた。

確かに、不均衡で、整ったところがない焼き物なんて、西欧では考えもつかないはず。「織部の奇」は、日本という島国の独自性を物語っている。

 

中国から朝鮮を経由してきた陶磁器。もとの中国、朝鮮の焼き物は、均整のとれた(シンメトリー)がほとんど。あえてバランスを崩す、型破りな物の見立ては、`珍`以外の何者でもない。

 

本来、片口は、液体を汲んだり、注ぐ道具だった。これが「酒を酌む」にとどまらず、料理を盛りつける器となり、酒菜を無造作にサクッと置くと、妙に映えるから不思議だ。 でも、そうなると「`口`は、一体何のためなんだ?」って、アットキンさんじゃなくても、思うだろう。それこそ、日本の異質。「用の美」、転じて「様の美」ってもんですね。

 

普段の食卓によく使う三つの口、それぞれにお気に入りの酒菜を。大根の花椒(中国山椒)風味漬けには、京都の「古美術佃」の佃さんから求めた、とぼけた雰囲気が目を引く、黄色がかったコチラを合わせた。「少し時代がある」と、佃さんは言っていた気がするが、いつ頃の物?今度お邪魔したら聞いてみよう。

 

トマトの糠漬けは、西荻窪の「魯山」で一目ぼれした刷毛目に。割り干し大根の中華醤油の炒め煮は、 通りがかりの展示会で買った焼き〆に盛ってみた。 こりゃぁ~、たまりません。酒は、「三井の寿」か「日置桜」の燗がよろしいか。

 
朱に交われば赤くなる。

 

210お気楽_漆2点210お気楽_漆_朱_寄り 漆器の朱も、陶磁器と同じように、酒、肴ともに映える。

 

大きい方は、冷たい酒を酌んだり、和え物を入れている。小さいのは、京都の三条通を歩いていた時、「京都文博骨董広場」という催しの案内に誘われ、たまたま目に入った代物。

 

元は蕎麦猪口型。なぜか強引に口をつけ、朱の色も合っていない。いわば「ヘンチクリン」。面白がって買ったものの、どう使おうか、いまだ決められない。

 

お気楽_成_白磁_横210お気楽_成_白磁_正面210 青白磁は、韓国のソウル、明洞地下商店街にある陶磁器店「右(うーきょん)」で買ったもの。

 

韓国製といえば、中国と同じく、シンメトリーの造形を良しとしているが、これは、ひしゃげていて、どこか和様を思わせる。おそらく、韓国の酒「マッコウリ」を酌むときに使う、瓢箪の形を写したものなのだろう。

 

韓国の居酒屋では、プラスチック製の瓢箪を使っているところが多い。金属の食器を多用する韓国では、今や陶磁器の需要はほとんどなく、日本人が大のお得意さんという。

オーナーの成(ソン)さんとは、長いつきあい。骨董街や利川(イチョン)の窯元を何度か案内してもらった。器に関して、興味があれば、親切に説明してくれるので、ソウルにお出かけの際には覗いてみては?

バチ当たりものになるぞ。

  

お気楽_当たり鉢_寄り_210お気楽_当たり鉢_全体_210 この当たり鉢は、前出、「魯山」に行ったとき、たまたまやっていた展示会で見かけて購入した。  

 

大きさ量感、色合い共によかったが、擦るための畦が繊細にみえ、道具としてどうかな~と思い、「あのう~っ、これ、ちゃんと胡麻あたれます?」と聞いたところ、ご主人と、もう一人の方が一緒に「大丈夫、当たれます」と。

 

なんと、お応えいただいた`もうひとりの方`が、その作り手、作家さんだとは、いやはや失礼をいたしました。「私のは、料理屋さんでも使ってもらっていますので、問題ありませんよ」との説明までいただいた。感謝。

後で、店のご主人・大嶌さんから、彼が愛知県の常滑に窯を持つ掛江祐造さんだと教えてもらった。氏の奥ゆかしさが、繊細の線だったのか。今では拙宅の夏の定番、素麺の胡麻味噌ダレ作りには欠かせない。そのまま食卓に出すと納まりも、見栄えもよく、大活躍している。

バナOKA 様
お訪ね、ありがとうございます。

「然り」,ですね。
物の見立て、価値の有り様。東西では違いますね。
ただ、審美の人は、良い物を愛でる眼が利いていて、国境はありませんね。
島国、日本は、その中でも、異様の異才かと思います。
陶磁器の金継ぎ、なんか異端そのものかと。
以前、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にある、「最後の晩餐:の修復
を見る機会がありました。修復です。同じ西欧の古文書の修復には日本の「和紙」
が使われています。あの和紙の繊維の長さと繊細が、他にはないそうです。
「ひょうげもん」、なかなかに、いとおかし、です。 多謝 Ajinci


[ 2009/11/10 13:07 ] [ 編集 ]
いつもいつも知らない世界(世界観)を楽しませて貰ってます。
左右非対称の美や、西洋風に言うと合理的でない物に対してヨシとする感覚は日本独自の物なのでしょうね。

少し話が変わりますが、壊れてしまった物に対するアクションも、東洋と西洋では違うようで、東洋では『修理』、西洋では『修復』。
見てくれはどうあれ、元の機能を取り戻す東洋、逆に、機能はどうあれ、見た目を完全に元に戻す西洋。
どうやら自分達には、そんな『修理』による『新品』には無い不完全感に美意識を見出すDNAが刷り込まれているようです。
[ 2009/11/10 11:13 ] [ 編集 ]
cafeinparis様
お訪ねありがとうございます。

そうですね、欧州の焼き物に関しては、日本を含め中国なども
王侯貴族、東インド会社等を通じて、オーダー品の製造を担っ
てきた経緯があります。
結果、マイセン窯など,彼の国の陶磁器文化に貢献しています。
同様に、茶の輸出もそうでしたがが、砂糖、ミルクを入れてし
まうなど、ここでも加飾の傾向が見られますね。
谷崎純一郎「陰翳礼賛」が通じにくいのは、欧米に限らず、今
様の日本人も、「用、様の美」を弁える人が少ない、恥いるこ
とかな、と。  多謝 Ajinci

[ 2009/11/09 11:23 ] [ 編集 ]
Ajinciさん、Balletaさん

こんにちは!
Balletaさんから久しぶりにコメントを頂いてhttp://cafeparis.exblog.jp/12651191/、こちらも返さないとな~と思いつつも、なじみの薄い食の話になかなかコメントできず思案しておりました。

2段落目と3段落目が興味深かったです。
「造形美に対する感覚は、結局は自然に対する感覚に行き着く」ということを読んだことがあります。
同じ中世でも、日本の焼き物は自然が生み出す「神秘さや素朴さ」に美を見い出されていた一方、ヨーロッパの宮廷で使われていた食器なんかは華美なデコレーションが多く「人工的な造形」に美を見い出されていたようです。ヨーロッパの装飾は日本人からするとときに過度に映りますしね。

片口の「用の美」なんて日本らしいと思います。まず人の生活があって、そこから美へと転じていく。
素朴で、自然で、いいですよね。
[ 2009/11/09 09:44 ] [ 編集 ]
梨子 様
お訪ね、ありがとうごあいます。

おすましの世界で「お茶目」は好好。
茶目でも、「は目」を外すと、嫌われるかもしれませんが。
日本の、準国営放送マナー講座とやらで、紅茶の皿は持ってはいけない、
などと、お気取り先生がまことしやかに、云っておられました。
英国王室一族、それに準ずる方々全員が、マナーを知らないってこと?。

ありもしない「カシコマル」もいい加減にしないと、生きているだけでく
たびれちゃいますね。
「自由の責は、自身に在り」、であればよろしいかと。多謝 Ajinci


[ 2009/11/03 09:21 ] [ 編集 ]
こんにちは。
私は大きめの片口の器でお抹茶をたてて、小さなカップについで家族で頂いたりしています。
お茶の先生に怒られそうですが、自由に楽しんでもいいですよね~。

[ 2009/11/02 22:22 ] [ 編集 ]
関様

いやー、赤、面でございます。良寛様に申し訳ございません。

そうか、にごりの場合には、片口が良いんだ。またも学びました。
「蕎麦きり さいとう」では縦長の口の奴で、熱く、「生酛のどぶ」
「辨天娘 にごり」なんぞをいただいております。

秋冬の酒菜で呑みたいな。
今年は無理ですが、また京都に出向きますので、美味しいをよろし
くお願いいたします。
多謝 Ajinci


[ 2009/11/01 19:26 ] [ 編集 ]
すてきなあたり鉢ですね。すり鉢ひとつあったら充分と、尊敬する良寛和尚もおしゃっていました。
たった一つで、用がすべて足りるということでしょう。
わが店では方口といえば、やはりにごり酒を燗にするときですね。
普通の徳利では汚れがこびりついてしまいますものね

しかし、Ajinchiさんちの器の使い方ははお料理も映えていい感じですね~~~。感心します(^^)
[ 2009/11/01 15:18 ] [ 編集 ]
施基 様
お訪ね、ありがとうございます。

片口には酒菜を盛りつけることが殆ど。
口の形それおぞれ。もの言いたげなたたずまい、が好ましい。

このところ、一年中燗酒の日々なので、酒器としての出番は少なくなっています。
どうしても、冷たい酒、ひや(常温)を所望のお客様のときは、朱に酌みます。

酒の注器としては、京都寺町の「清課堂」の錫タンポが性能、姿とも好好。
11月になりましたら、酒のことに触れた記事をアップする予定ですので、是非ま
たお訪ねいただき、御批評いただけたらありがたいです。

多謝 Ajinci


[ 2009/10/29 10:43 ] [ 編集 ]
こんにちは。
私は片口が好きです。
酒器としても多用していますが、鉢としても使っています。
酒器として好きなのは、以前、京都の錦で買ったもの。
なんと言うか、切れが良いのです。
使っているうちに愛着も湧いてきますしね。
つるりと綺麗な器もいいけれど、焼き物の主張のある味わいも好きです。
欲しいと思うとキリがなくなってしまいますね。

施基
[ 2009/10/29 10:06 ] [ 編集 ]
Giraffe 様
お訪ねありがとうございます。
また、どぶ総帥を囲む会ではなにかとお世話になりました。この
場を借りて、御礼申し上げます。
実は昨晩も、件の蕎麦屋で酔っておりました。

私も、片口に酒を入れることは殆ど無く、どうしてもそういう酒
を所望のお客様をした際に、朱の片口を使います。

普段は、Giraffeさんとおなじように、酒菜を盛っております。
長年愛用の徳利が、割れてしまい、その継承を探し歩いている
のですが、みつかりません。途方に暮れる徳利探し。
徒歩のトホホの探し散歩は続く。

今後とも、よろしくお願いします。  多謝 Ajinci

[ 2009/10/29 09:36 ] [ 編集 ]
素敵な片口の数々。
お写真も,いつもとても綺麗ですね。
私も2つほど持っているのですが,酒器として使ったことがほとんどありません。
いつも何かのお菜ばかり。
泣いて抗議されてやしないかと思うのですけど,お酒は徳利と自分の口に入れてます。
[ 2009/10/28 22:46 ] [ 編集 ]
y_and_r_d 様
お訪ね、ありがとうございます。

動、か。
そうですね、全てバランスの良い、シンメトリーの時間は、つらいです。
日本の器は、食洗機泣かせ。それほど多士済々。時々、骨董やさん、器やさんと
話しますが、「陶芸家がこんなにいる国はない」そうです。陶芸で食える、って
こと自体が珍しい。そういう意味でも、和の国、自体が異質=独自(性)なんで
せうね。 12月から北タイの旧都チェンマイに一月ほど引き篭もります。この数
年の恒例。なにか「珍」がありましたら、当欄で紹介しますね。 多謝Ajinci
[ 2009/10/26 07:02 ] [ 編集 ]
こんばんわ。
片口の器、いいですね。
我が家にも陶器のが少しありますよ。
片口を置くとテーブルの上に動きがでるような気がします。
動の器といったところでしょうか。
[ 2009/10/25 23:05 ] [ 編集 ]
アラック様
お訪ね、いただきありがとうございます。
ははっ、は、お酒しか思い浮かばない、成る「アラック」で察しがつきます。
大分前ですが、スリランカに数度出かけていた際に、「アラック漬け」でした。
蕎麦屋の酒は、昼がいいのですが、いかがでせう。
最近は、隣町の蕎麦屋「蕎麦きりさいとう」http://www.soba-kiri.com/
「どぶ」漬けの日々です。

たまたまご返信は、ウン十年愛用の、モルディブで、もらったサロンを巻いて書いています。
また、ぜひ、お立ち寄りください。

多謝再見  Ajinci

[ 2009/10/25 10:47 ] [ 編集 ]
初めまして、アラックと言います。
warna-warniさんのところから来ました。
片口と言えば、お酒しか思い浮かばないのが
アラックです。
蕎麦屋で憩うのが大好きなんです。
[ 2009/10/25 10:17 ] [ 編集 ]
marvelous-days 様
お訊ね、ありがとうございます。

トマトの糠漬け、戸惑いますね。
いつも、京都で酔っぱらう酒房のお酒菜担当女史。(今では師匠と、してしたっています)
彼女から教わりました。綺麗に洗って漬ける、だけ。ぐんと美味しくなる、はず。
昨晩は、福岡の酒 旭菊の「大地純米」をいただきました。有機の山田錦で造っています。
燗酒に良い季節です。豆腐に合いますね。
酔うと、まんまるお月様も少しゆがんで見えます。危。多謝 Ajinci
[ 2009/10/24 10:31 ] [ 編集 ]
片口に盛ると「妙に映える」に同感です.シンメトリーじゃないのになぜかしらん・・・.私も片口,大好きです.

トマトの糠漬け,大根の花椒風味づけ,おいしそうです.そして,とても美しい.赤く熟した糠漬けってどんな感じでしょう.普通に漬けるだけでいいのかしら・・・
[ 2009/10/23 21:56 ] [ 編集 ]
あっき 様

お訪ね、ありがとうございます。
でしたか、そうでしたか。好好。

私達は、蕎麦打ち場の前の卓、通路側でございました。
存知あげぬとはいへ、ブログを見ていただいたお方に、ご挨拶もできず、大変失礼を
致しました。
11月7日の「鷹勇」の会にはご参加なさいますか。私共も参加しますので、ご挨拶で
きればうれしゅうございます。

片口、液体を注ぐ以外は、役立たず。それが初奴にございますね。
今回出番の無かった片口君にも、機会を改めて、登場させられたらと思っております。
今後とも、よろしくお願いをいたします。

いやー、美造り。
多謝再見  Ajinci


[ 2009/10/20 19:38 ] [ 編集 ]
こんにちは、いつもブログ楽しく拝見しております。
私も片口好きです。
片口の器の数々、素敵です~。
・・と、コメント欄を見ていてびっくり!
日曜日のさいとうさんの会にいらしていたのですね?
私も参加したのですが。。
えー!と思いました。
残念です(涙)ブログいつも拝見していたのにお話できなかったなんて~。
(たぶん話してないですよね?)
どなただったのでしょう。。考え中です。
[ 2009/10/20 15:40 ] [ 編集 ]
yukarist 様
お訪ねありがとうございます。

良かった、片口好きで。おじゃこ、アンチョビも片口鰯のお子ちゃま、畳鰯も良い酒
菜になります。

擂り鉢、にご興味感謝。同じく「あたり鉢」にお褒めをいただいた三平さんは、隣町
で酒屋を営んでおります。
日本酒はこのお店で全てまかなっております。隣町の蕎麦屋での酒宴にも、彼がお燗
番を買って出て、弁天娘達をより磨き上げてくれました。日本にお戻りの際には是非
ご用命ください。海外が無理ですが、国内宅配可能です。お店に来るお客より、ネッ
トでの注文が多いようです。http://www.1e-sake.com/。多くの日本酒ファンが利用
しています。宣伝、しちゃいました。11月7日には鳥取県の「鷹勇」を呑む会があり、
全国の杜氏がリスペクトしている坂本杜氏を囲んで、またも酩酊の予定です。
酒を、避けたい。

漆器は、リサイクルの原点.、とってもecoなんです。塗り直しも簡単。大概の傷、
欠けなんぞは簡単に治せます。木地さへ破壊しなければ、永遠に使えます。湿度持って強くなる性質。日本、アジア向きの塗布材として、適っています。 和様の素のひとつですね。
多謝 Ajinci

[ 2009/10/20 09:20 ] [ 編集 ]
こんばんは。私も片口が好きで、タイに住む事になり真っ先に買ったのが片口の器。メードインタイランドです。

すり鉢いいですね!山椒のすり棒でぐりぐりぐりっと美味しい時間を想像しつつ擦ってみたいもんです。

漆器のも素敵。そば湯が飲みたくなりました(笑)
こちらタイにはなぜかたくさんの日本からの輸入食器があるにも関わらず、木製のお椀や漆器が皆無です。
なので、みそ汁椀だけはなんとか日本から送ってもらいました。やはりプラスティック製のでは...
[ 2009/10/19 21:09 ] [ 編集 ]
三平様
お訪ねありがとうございます。
先ほど、コメントにお応えしたのですが、ひょんな事で消えてしまいました。

神様の思し召しなので、少し代えての返信でございます。お許しを。

織部、って禅宗の問答のようなところがありますね。
特に、織部をあてたものなんかは。黒織部なぞも数寄です。

当たり鉢、お褒めいただき、大きな穴を探したいほど赤面中。
「魯山」。今月24日から額賀彰夫さんの展示が始まります11月1日まで。
お店は27日休みです。人気のある方ですので、早めに行かないと物が無くなる
かもしれません。陶器も磁器もやります。なんで宣伝しているのだらう。

それにしても、豹変ぶりの見事な「仙亀」呑みたいなー。

多謝再見
神田 實  拝
[ 2009/10/19 16:00 ] [ 編集 ]
織部は嫌いでした。
が、何度か見ているうちにだんだんと好みになってきてしまいました。
緑色ってのも、あまり好きな色ではないのですが、あの形とあの色がなんともいえない味に感じられるようになってしまった・・・

当り鉢、良いですね~これ。
[ 2009/10/19 13:36 ] [ 編集 ]
N.kojima 様
いつも、お訪ねいただきありがとうございます。
先のコメントにお応えしまたように、昨晩は辨天娘さんのお父上の御相伴を
いただき、きこし過ぎました。

織部の緑を褒めますが、OLIVEと読む、オリーブ色とは景色が違いますね。
ORIBEに魅せられた、西欧人も少なからずおります。
色彩、文様、豹化(へうげもん)、あれまでの奇の珍は、世界でも、織部だけ
かもしれません。島国の福産物ではなく、特別の産物ですね。ホンダ、ソニー
しかり。  和様もなかなかやります。 多謝 Ajinci

[ 2009/10/19 13:32 ] [ 編集 ]
kyomi様
早々に、お訪ねいただきありがとうございます。
このところ、多々難がございまして更新がままなりませぬ日々。
改心し、キチンとしたく思いました。感謝。

昨晩は、隣町の蕎麦屋で、鳥取県の「辨天娘」の蔵元太田社長と「夏子の酒」の
作者尾瀬あきらさんを囲んで、呑み会がありました。ここでもキチンとできず、酩
酊してしまいました。反省。

全ての娘達http://www1.ocn.ne.jp/~bentenmu/(蔵元は蔵の酒をそう呼ぶ)も、
紅白付けがた旨酒、この蔵の「奈良漬け」も今までいただいた中では一番のお味で
ございました。機会がありましたら是非お試しください。   多謝 Ajinci



[ 2009/10/19 13:20 ] [ 編集 ]
織部といえば、青織部の緑。
焼き物は詳しくない僕でも、奇は感じますよね。

主観的意見ではあり恐縮ですが、
織部が好きです。
用(様)といみじくもおっしゃっていますがまさにですよね。
本来、皿は飾る物ではない使う物ですから
料理を盛って、つかってどうかの点において、優れていると
感じるのです。

ある種乱暴な絵付けなども織部ならではですよね。
天正のきらびやかへのアンチテーゼだったんでしょうか?
[ 2009/10/19 11:50 ] [ 編集 ]
こんなにキチンと食、モノに対してこだわってらっしゃる
しかも丁寧に。
日々ばたばたしていて勝手に時間が過ぎるだけ、、、反省

漆器の朱
陶磁器の白
ほんとに透明な日本酒に映えますね
紅白でなんともおめでたい気がします
[ 2009/10/19 11:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Ajinci

Author:Ajinci
どんなものを
食べているか言ってみたまえ。
君がどんな人であるかを
言いあててみよう。
by Jean Anthelme Brillat- Savarin

Mail access

Name:
Mail:
Subject:
Text:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。